今回は韓国のお金について、いろいろお話していきます。

お金の種類の話はどちらかと言えば、韓国旅行の初心者向けのお話になってしまうかもしれません。

ただ、両替に関しては中級者の方にも参考になると思いますし、最後に上級者向けの情報をご用意いたしましたので、是非参考にしてみて下さい!

韓国のお金の種類(初級編)

韓国のお金の単位はウォンです。

また、現在、韓国で流通しているお金と人物などは以下のようになっています。

5万ウォン札

韓国 お金 5万ウォン

肖像画:申師任堂(シンサイムダン)(1504~1551)、韓国で良妻賢母の象徴と言われている人

5万ウォン札の流通が始まったのは2009年6月23日からと比較的最近です。

それまで韓国では金額が高いものを購入する際は小切手(スピョ)を使うことが多かったのですが、5万ウォン札の登場によって、小切手を使うケースは激減しました

1万ウォン札

韓国 お金 1万ウォン

肖像画:世宗(セジョン)大王(1397年-1450年)、ハングル文字を作った王様

5千ウォン札

韓国 お金 5千ウォン

肖像画:李珥(イ・イ)(1536年-1584年)、東方の聖人と呼ばれる李氏朝鮮時代の儒教学者

千ウォン札

韓国 お金 千ウォン

肖像画:李滉(イ・ファン)(1501年~1570年)、李氏朝鮮の儒教学者

500ウォン玉

韓国 お金 500ウォン

マーク:鶴

100ウォン玉

韓国 お金 100ウォン

李舜臣(イ・スンシン)(1545~1590)、李氏朝鮮の将軍

50ウォン玉

韓国 お金 50ウォン

マーク:稲

10ウォン玉

韓国 お金 10ウォン

マーク:多宝塔

韓国では一時期、新札と旧札が混ざっていた時もありましたが、今(2017年時点)、旧札を見かけることはほとんどありません

ただ、10ウォンだけは、まだ新旧入り混じった形で流通しています。
(小さい方が新しい10ウォン玉です)

韓国のお金のレートの簡単な計算方法

ちなみに韓国ウォンのレートですが、平均的な時は、100円=1,000ウォンと計算すれば大丈夫です。

円高(ウォン安)になると、レートは100円=1,400~1,500ウォンぐらいになり、円安(ウォン高)になると、レートは100円=800~900ウォンぐらいになるのが相場です。

韓国のお金の数え方

では、韓国旅行へ行って、日本円を韓国ウォンに両替した後、お店で使う際に、どういった数え方をすれば良いのしょうか?

お金の種類ごとの数え方は以下のようになります。

  • 5万ウォン(オーマノォン)
  • 1万ウォン(マノォン)
  • 5千ウォン(オーチョノォン)
  • 千ウォン(チョノォン)
  • 500ウォン(オーベグォン)
  • 50ウォン(オーシヴォン)
  • 10ウォン(シヴォン)

また、韓国語で数字を数える時は、

1(イル)、2(イー)、3(サム)、4(サー)、5(オー)、6(ユク)、7(チル)、8(パル)、9(ク)、10(シプ)

となるので、例えば、3,450ウォンの数え方は、サムチョン(3千)サーベク(4百)オーシヴォン(50ウォン)となります。

ただ、ここで気を付けるべき点は、日本では1万円を呼ぶ時はイチマンエンと呼びますが、韓国で1万ウォンを呼ぶ時はイルマノォンとは言わず、1を省略して、マノォンと呼ぶということです。

ですから、1万5千ウォンだと、マンオーチョノォンと呼ぶようになります。

また、お札も硬貨も単独で呼ぶ時は、最後にチャリ(짜리)をつけます

ですから、

「1万ウォン札があります」は、「マノォンチャリ イッソヨ」

「10ウォン玉あります」は、「シヴォンチャリ イッソヨ」

と言います。

お金の両替手数料が格安な場所は?(中級編)

韓国旅行に必要なお金を両替する場合は、どこでするのが良いと思いますか?

実際、日本の空港や仁川空港あるいは金浦空港で両替をすると手数料が高めです。

なので、もし余裕があれば、明洞や南大門へ行くと手数料が安い両替所がたくさんあるので、そこでお金を両替するのも良いでしょう。

韓国 両替

ただ、明洞の両替所は不法でやっているところもあるので、気を付ける必要があります。

私もたまたま明洞で両替をする機会があったのですが、一緒にいた妻から「お金がちゃんと合っているか必ず確認して!」と厳しくご指導を受けました^^;

しかし、実は最近、明洞や南大門より、もっと手数料が安い場所があるという情報を聞きました。

その場所とは・・・

ソウル駅です。

ソウル駅には、ウリ銀行、IBK企業銀行、KB国民銀行が入っているのですが、ここだと100円の両替手数料が2~3ウォンだという情報があります。

↓両替が安いところを徹底的にチェックした記事はコチラ!
韓国の両替レートが良いおすすめの場所は?(比較レポート)

5万ウォン札の流通量が減っている(上級編)

実は、韓国では5万ウォン札の流通量が減って来ていると言われています。

韓国 お金 5万ウォン

この件はニュースでも話題になっています。

その理由は、銀行にお金を預けず、5万ウォン札に換金して、家の中で管理するケースが増えているからだと言われています。

そういったお金は韓国語で비자금(ビジャクム)と呼ばれています。

いわゆる裏金という意味です。

ただ、韓国の事情にある程度、詳しい人は、

「あれっ、韓国って金利が高いから、銀行にお金を預けている方がトクじゃないの?」

と思うかもしれません。

しかし、それは普通のお金の流れの場合です。

実際、収入の種類によっては銀行にお金が振り込まれた段階で所得税が取られてしまいます。

私の妻も以前、会社をやめた際に、退職金が出たのですが、最初に税金が引かれただけでなく、銀行に入金した後、引きだす際も所得税が引かれてしまいました

さらに、銀行に入金があると、所得が増えていると国からチェックされてしまいます。

なので、銀行にはお金を預けないで自分で管理しておこう、でも1万ウォン札だとかさばるから5万ウォンで保有しておこうという流れになるそうです。

つまり5万ウォン札は、韓国の税金逃れに悪用されているというワケなんですね。

でも、使われてこそ、その価値を発揮するお金にとって、家の中で塩漬けにされることは本望ではないはず。

なので、韓国旅行で5万ウォン札を手にされた時は、是非、お金の本来の目的を果たせるよう楽しく使って下さいね^^

合わせて読みたい記事