北漢山の登山体験、一番楽なルート!?

スポンサードリンク

先日、年始の家族イベントで、北漢山(プッカンサン)へ登山をしに行きました!

韓国の人は山を登る時、登山服でしっかり身を固めるのですが、我が家はそんなものもなく、とにかく服を重ね着しまくって出発です^^;

北漢山ってどんな山

北漢山は、ソウルの恩平区に隣接した高さ836mの山で、白雲台 (836m) 、仁寿峰 (810m) 、万景台 (799m)の3つの峰々が集まっています。

IMG_3657

ソウル市内から簡単にアクセスが可能なので、週末はたくさんの登山客でにぎわいます。

スポンサード リンク

北漢山入口への行き方

北漢山の入口へ行くには、車かバスで行く必要があります。

我が家は、地下鉄3号線のヨンシンネの隣の駅である구파발(クパバル)駅の1番出口を出たところにあるバス停から行きました。

704番と8772番のバスに乗れば、北漢山の入口へ行くことが出来ます。
(704番のバスであれば、ヨンシンネ駅からでも行けます)

IMG_3595

IMG_3598

北漢山の一番楽なルート!?

バス停を降りて、登っていくと、北漢山国立記念公園の入り口に到着します。

IMG_3600

IMG_3604
その左側にある道から山の中に入っていきます。

IMG_3603

山の中に入っていくと、いくつかの分かれ道があります。

まず一番目の分かれ道では、

右側へ行くと、アスファルトの道
左側へ行くと、渓谷の道

へと続くようになっています。

IMG_3608

オススメは左側です^^

美しい北漢山を左手に見ながら、山を登っていくことが出来るからです。

IMG_3617

途中までは、階段などがかなり整備されていますが、車が入れる広場のようなところまでたどり着くと、そこからが本番です。

北漢山は、韓国の山らしく、岩肌が所々にに見える山道が続いています。

そして、最後の分岐点にやってきました。

白雲台(ペグンデ、백운대)2,2km
元曉峰(ウォニョボン、원효봉)0.6km

IMG_3608

私は一瞬、ここまで来たのだから、白雲台にチャレンジしようかと思いましたが、以前、会社のイベントで白雲台に登った妻が、「子供には危ないから・・・」と言ったので、元曉峰へ登ることにしました。

あとで、白雲台は、ものすごく急な坂を登っていくことを知り、自分が恐ろしい選択をするかもしれなかったことに気が付きました(((゚Д゚)))

ただ、元曉峰へ行くのも、比較的、楽なコースと聞いていた割には、実際は結構きつかったです。

0.6kmというのは、あくまで標高で、時間的には、分岐点のところから、30分ぐらい掛かりました。

そしてやっと元曉峰の頂上へ到着した時、私はあることに気が付きました。

自分は、高所恐怖症だったんだ・・・

日本の山だと、頂上に到着したら、すがすがしさに包まれますが、北漢山だと、ちょっとした恐怖感にも包まれます。

IMG_3649

目の前には、絶壁があるからです・・・

IMG_3640

その近くで、ニコニコ写真を撮ったり、食事をしたりしている人を見かけましたが、そんなこと自分には絶対出来ません(T-T)
それでも、家族で山に登れた達成感を感じつつ、記念写真をパチリ

IMG_3651-2

私、完全に着ぶくれしています・・・

いや、最近、ちょっと太ったかな(・_・;)

そこからいよいよ下山

普段の運動不足がたたってか、いやー、膝が笑う、笑う(アハハハ・・・)

家の中でスマホやテレビばかりを見ている子供たちも、最後はヘトヘトになっていました^^;

IMG_3655

そんな中、毎月、会社で接待ゴルフならぬ接待登山につき合わされている妻だけは、平然とした顔。

我が妻も本当にたくましくなったものです。

結局、登山の入り口から頂上へ行き、戻ってくるまでは、2時間半掛かりました。

気軽に行けるコースといえば、そうなのかもしれませんが、かなり良い運動になりましたー!

登山後、3人の子供たちに

「また、今度、一緒に登ろうね」

といったら、3人とも口をそろえて

「絶対、いやだー」とのこと。

しょうがないですね。

次は、妻と登山デートでもしようかと思います^^

P.S.
1月の北漢山は、道が凍結しているところも一部あるので、アイゼンや登山用のスティックがあると安全です。

また出来れば、登山靴を履いていくことをオススメします。

私は普通の運動靴で登っていたので、登山ルックで身を固めたおばさんから、「運動靴で来るなんて・・・」とボヤかれました^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ