韓国ドラマ”왕가네식구(ワン家の家族たち)”から来た流行語

スポンサードリンク

韓国では、毎週土日にKBSで、”왕가네식구(ワン家の家族たち)“というドラマを放送しています。

kingfamily

視聴率が40%を超えるなど、かなりの人気を誇っているのですが、そのドラマに出て来る言葉が最近、韓国で結構、流行っているので、ドラマの話と合わせてご紹介いたします。

왕가네식구(ワン家の家族たち)ってどんなドラマ?

ドラマのタイトルの文字通り、ワン家の夫婦と5人の子供夫婦、そしてワン家のご主人のお母さんや弟と含めた大家族の中で
起こる物語です。

そこで起こる出来事は、かなり波乱万丈です^^;

長女スパク(37)の夫は会社の社長で、贅沢な暮らしをしていましたが、その会社が倒産して、貧しくなり、さらにスパクは浮気をして、その相手が詐欺師だったので、ワン家の人々は住んでいた家も追い出されます。

次女のホバク(36)の夫ホ・セダルは、無職で、浮気もして、一時期にはホバクに愛想をつかれて、ホームレスにもなります。

三女のクァンバク(29)は、嫁いだ先の舅(しゅうと)がかなり性格が悪く、散々いじめられます。

私の妻は、このドラマを見ながら「リアルよね~」とよく話していますが、そのリアルな生活感が人気の秘密なのかもしれません^^;

왕가네식구(ワン家の家族たち)から生まれた流行語

実は、次女のホバクの夫であるセダの口癖が、結構、韓国では流行っています。

セダは、もともとダメ男なのですが、うまくいかないことがあると、すぐに”미쳐버리겠네~(ミッチョボリゲンネ~)“とぼやきます。

日本語に訳すと、”気が狂いそうだぜ~“という感じですね。

まあ、これは、独特の発音があるので、こちらの動画をご覧になって下さい。

我が家の次男も、何かあると、”ミッチョボリゲンネ~”と話していますが、ストレスがたまっているのか、ただ好きで話しているのか微妙なところです・・・

使うシーンや相手は考えないといけませんが、何か、ストレスがたまっている時があれば、”ミッチョボリゲンネ~”とボヤいて、ストレスを発散させましょう^^

ただし、使い過ぎには注意です^^;


いつもクリックして頂いてありがとうございます!
おかげさまで順位がジワリジワリと上がっています。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ