こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、妻と一緒に街を歩いていたら、「これ、最近、韓国で大人気なのよ」と言われたものがあります。

それは何かというと・・・

“うさぎの帽子”です。

韓国語では、토끼모자(トキモジャ)と言います。

値段は、10,000ウォン弱なので、それほど高くはないかなという感じです。

確かに、そう言われてみると、街中でうさぎの帽子を被っている人をチラホラ見かけるような・・・

ということで、今回は、韓国で流行っているうさぎの帽子について、ご紹介していきます。

うさぎの帽子を被る韓国の芸能人

この、うさぎの帽子ですが、韓国では、アイドルの女性達を中心として被るのが流行っているようです。

ちなみに、このうさぎの帽子は、帽子からぶら下がっている生地の下に、丸い球みたいなものが入っていて、そこを握ると、耳がピコピコと動く仕組みになっています。

うさぎの帽子を被った芸能人で大きな話題になったのは、Twiceのナヨンです。

あと、Twiceは、”知ってるお兄さん”という韓国の人気バラエティ番組でも、みんなでうさぎの帽子を被って、ピコピコやったりしていました^^

うさぎの帽子は日本でも購入可能

韓国で人気のうさぎの帽子ですが、探してみたら、日本でも販売していました。

韓国も日本も、まだしばらくは寒さが続きますし、流行に乗っかりたい方は、話題作りにどうぞという感じです^^

よく見たらピコピコ動く帽子がいっぱい

実際、私が住んでいるソウル・ヨンシンネの街を歩いてみると、ピコピコ動く帽子がいろいろなお店で売っているではありませんか。

やはり一番人気は、うさぎの帽子ですが、その外にもピカチュウやスティッチ、あと虎の帽子も売っています。

耳が動くうさぎの帽子を被る人達は?

ただ、その一方で、どんな人たちが、この耳が動くうさぎの帽子を被るのかはチェックしておいた方が良いと思います。

実際、我が家の小学校6年生の娘に聞くと、

「うさぎの帽子を被るのは、普通は、小学校の1~2年生だよ」

と言っていました。

性格によっても受け止め方は違うと思いますが、思春期の女の子にとって、うさぎの帽子はちょっと恥ずかしいのかもしれません。

あと、先日、街を歩いていた時、中学生の男の子も被っていたのを見かけたので、思わず目が点になってしまいました。

さらに、テレビを似ていると、山で作業をするおじさんが・・・

(こちらは、鼻がブタさんになっているので、うさぎではなく、ブタ帽子なのかもしれません。)

確かに、うさぎの帽子はTwinceが被って大人気ですし、男性アイドルが被っている時もあります。

ただ、ちょっとでも計算が狂うとかなりのミスマッチが起こってしまうリスクがあるので、ご利用になる際は、あくまでも自己責任でお願いいたしますm(__)m

合わせて読みたい記事