韓国CUCKOOの炊飯器の使い方と美味しいご飯への道のり

スポンサードリンク

先日、我が家は、CUCKOOの炊飯器を購入しました

CUCKOOは、韓国の炊飯器業界で圧倒的なシェアを誇るメーカーです。

実は、ここに到るまで紆余曲折がありました

今回は、CUCKOOの炊飯器の使い方などを簡単に紹介していきながら、我が家がCUCKOOに到るまでのストーリーをお伝えしていきます。

CUCKOOの炊飯器を安く購入する方法

韓国で家族用の炊飯器を購入しようとする場合、日本なら2万円以下でも象印やタイガーで、そこそこの性能のものを買うことが出来ます。

しかし、韓国だと、25万ウォン(約2.5万円)以上でないと、それなりの炊飯器を買うことが出来ません。

(※あくまでも個人的な感覚です)

ただ、そういった中でも、ちょっと安く炊飯器を購入できる方法があります。

それが韓国のテレビショッピングです。

韓国ではインターネットテレビでチャンネルがたくさんあり、テレビショッピングのチャンネルも10個以上あるので、我が家も利用する機会が多くなっています。

そこで、CUCKOOの炊飯器を20万ウォンちょっとで売っていたので、これはチャンスと思い、購入しました!

テレビショッピングには安いというメリットもありますが、もう一つ、おまけが付いてくるというメリットもあります。

今回も鍋や包丁セットなどがいろいろ付いて来ました(*´▽`*)

CUCKOOの炊飯器の使い方

韓国のCUCKOOの炊飯器の使い方や機能は、基本的には日本の炊飯器とほとんど変わりません。

日本の方にとってはご参考用に、日本人留学生の方にはお役立ち情報としてお伝えしていきます。

セッティングする時

日本人が韓国で炊飯器を使う時、最初に戸惑うのは、お米を洗った後、必要な水を入れる時かもしれません。

メモリの種類がありすぎて、どこに合わせれば良いのか、よく分からないので^^;

この場合、普通のご飯は、백미(白米)というので、そこに水の量を合わせます。

ご飯を炊く時

ご飯を炊く時は、압력취사 (圧力炊事)/백미쾌속 (白米快速)と書いてあるボタンを押します。

ボタンを一度押すと普通の圧力炊飯となり、二度押すと、早くご飯を炊くことが出来ます(ただし、少し味は落ちます)。

保温する時

保温したい時は、보온(保温)/재가열(再加熱)のボタンを押します。

予約する時

予約炊飯をする際は、예약(予約)ボタンを押した後、시간(時間)ボタンを押して、時間を調整していきます。

日本の場合は、時計が内臓されていて、何時までにご飯を炊くというセッティングのものが多いと思います。

でも、韓国の炊飯器は、時計が付いていなくて、何時間後までにご飯を炊くというセッティングをするタイプのものが多いようです。

(前の炊飯器の予約方法もそのタイプだったので、韓国の炊飯器は基本的にこんな感じじゃないかと・・・もちろんそうじゃないものもあるんでしょうけど。)

作業を中止する時

炊飯、保温、予約、すべての作業を中止するには、취소(中止)のボタンを押します。

CUCKOOの炊飯器は自信家が多い?

ちなみにCUCKOOの炊飯器は、かなりおしゃべりです。

  • 원하시는 기능을 선택하주세요. (希望される機能を選択して下さい)
  • CUCKOO가 맛있는 취사를 예약했습니다. (CUCKOOが美味しい炊飯を予約しました)
  • CUCKOO가 맛있는 취사를 시작하겠습니다.(CUCKOOが美味しい炊飯を開始します)

結構、枕詞のように”美味しい”という表現を使います

日本の炊飯器だったら、多分、謙虚な(!?)な表現になるんじゃないかなと思うのですが、韓国の炊飯器は、自信家が多いようです。

最初は、日本の炊飯器をずっと探していました

実は、韓国に移住して間もない頃、私は、おいしいご飯に強い憧れを持っていました

その時、韓国で、ちょっと安い炊飯器を買ってしまったこともあり、ご飯が美味しくなかったからです。

韓国の安い炊飯器だと、日本の炊飯器で作ったようなつやつや感やもちもち感はなかなか出て来ません。

そこで、私は、とにかく「どうすれば日本の炊飯器を入手できるか?」といろいろ模索していました。

よく日本へ旅行に来た中国人観光客が、ビックカメラやヤマダ電機で日本の炊飯器をよく購入していますが、その気持ちは本当によく分かります。

ただ、日本の電圧は100ボルト、韓国の電圧は220ボルトなので、日本の炊飯器をそのまま韓国で使うと壊れてしまいます。

そこで、韓国の電圧にも対応できる日本の炊飯器を買おうとすると、2万~3万円してしまいますし、重たいので送料も掛かってしまいます。

また、日本の炊飯器を買って、変圧器を別に買おうとも考えて調べたのですが・・・

炊飯器はワット数が1000Wぐらい必要なので、それに対応した変圧器となると、2万円ぐらい掛かることが分かりました。

ただ、そうやっていろいろ模索するよりも、「CUCKOOの炊飯器を買う方が手っ取り早いや」って考えるようになった訳です。

実際、CUCKOOの炊飯器でご飯を炊くと、それまでの格安炊飯器に比べたら、はるかにおいしいご飯を作ることが出来ます!

ここに到るまで結構長い道のりでしたけど、CUCKOOのお陰で、我が家の食卓はやっと安定感が出て来たかなって感じています。

やっぱり、郷に入りては郷の物を買うのが一番楽なのかもしれません^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

15 Responses to “韓国CUCKOOの炊飯器の使い方と美味しいご飯への道のり”

  1. 駐在おやじ より:

    炊飯器韓国で使ったことが無いので 初めて見ました
    「おいしいご飯を」 の部分で笑ってしまいました
    韓国らしいな~~~ って wwww 「良くやりました」 とかも言いそうですね

    変圧器そんなに高かったですか? はっきりとは覚えてませんが
    僕水槽やってるので(しかも高いものは全部日本から持ってきました)変圧器使ってますが、4万Wくらいだったと思います。 容量も2Kとかだったと思います。
    重たいので ネットで注文しました

      駐在おやじ

    • ケン より:

      駐在おやじさん

      コメントありがとうございます。
      最初は、「マシインヌン」と聞いて、「自分で言うんだ~」と少し違和感を覚えましたが、韓国の文化の観点から見れば、結構自然なことですよね^^
      変圧器は、ワット数が低ければ、それなりに安いと思うのですが、ワット数が上がると重たくなるし、値段もグングン上がってくると思います。
      ただ、私も日本の変圧器の値段ばかりみていて、韓国ではまだ本格的に探していませんでした。
      今度、ネットで探してみます。

  2. タケ より:

    家のもCUCKOOです。2台目ですが、日本も韓国も値段が高い方が気密性がよくふっくらとしあがります。圧力鍋でもよくたけます。
    米の質が違うのが一番の違いです。ひとめぼれやアキタコマチ、コシヒカリ持ってきて炊けば日本とかわりないです。
    米1対水1、1が基本の水加減ですが、韓国の米は固いのでもう少し水をたしたほうがいい。水も日本は軟水、韓国は硬水とちがいます。
    3合の米だったら、3と4の中間で我が家はやってます。それと、艶だしにオリーブオイル小サジ1加える。日本の米に近くにはなりますが
    やはり、日本の米を炊けば韓国でも美味しく食べれます。

    • ケン より:

      タケさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、そう言われてみると、お米の質も大切になってきますよね^^
      ちなみに我が家では、私が炊く時は、ふっくらしたご飯が好きなので、水を多めに入れるのですが、妻は固いご飯が好きなので、3合の米だったら2.5ぐらいしか水を入れてくれません(T-T)
      美味しいご飯は、人の好みによっても定義が違って来るようです・・・

      • タケ より:

        変圧器は韓国で3万w前後でした。値段はコイルの巻き数で変わるので、ワット数が多いと高くなるので、店によって違いはないはず。
        僕は町の道具屋で買いました。電気代は220vを100vに下げるので安くなるはずです。三相電源を100vにするのと同じ原理で日本では節電対策です。

  3. quazm より:

    すみません、使い方ですが、韓国語で書かれているだけで、日本の炊飯器と変わないと思っていますが。(^^;;
    私は自炊するのでよく使いますが、別段、日本の炊飯器と変わらないと感じてます。日本の炊飯器でちょっといいものだと、機能は多いですが。

    一番の違いは、ご飯を炊く時間の違いだと思います。
    日本の炊飯器だと50分近くかかりますが、韓国の炊飯器だと35分ぐらいで炊き上がります。これが一番の大きな違いかと。
    蒸らしの時間を省略しているような気もしますが、お米の性質の違いもあるかもしれません。

    ちなみに、洗濯機は日本だと40分程度ですが、韓国では(特にドラム式だと)1時間20分ほどかかるので、別の意味で大きな違いを感じてます。(^^;;

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      一応、予約の設定の方法(日本は時計内臓式、韓国はストップウォッチ式)という点と、声出し機能が、韓国の炊飯器は日本と違って自信家という点で、日本とは違いがあると伝えたかったのですが、うまく伝わっていなくてすみません^^;
      確かに、韓国の炊飯器の方が早く出来るような感じがします。
      韓国の人は、せっかちな方が多いので、炊飯器もそれに対応しているんですかね。(その理論で行くと、洗濯機は当てはまりませんが・・・)

      • quazm より:

        > 予約の設定の方法(日本は時計内臓式、韓国はストップウォッチ式)という点

        これは正しくないですよ。(^^;;
        日本でも廉価な炊飯器だとストップウォッチ式もまだまだあります。
        逆に、韓国の炊飯器でも時計内蔵式があります。

        音声のほうも、韓国のメーカーによって違ったかと思います。
        もちろん、音声ではなくて、アラームだけのも多いですし。

  4. Meg より:

    炊飯器選び大事ですよね。以前日本の炊飯器はどれも同じだろうと思っていつもと違うメーカーで買ったら全く味が違うので驚いた事があります。炊き加減の好みだとは思いますが。
    日本ほど米にこだわっている国はないんじゃないかなとも思います。クオリティが全然違いますし消費者の舌も肥えています。
    外国人の方が来日して食べて頂きたいものがご飯なのですが、違いが分かるかもわかりません。
    韓国はどうでしょうか?ブランド米とかありますか?
    もしよろしければいつか米の値段とかレポートして頂けたらと思います。よく雑穀も混ぜられてますが健康嗜好からなのか米を美味しくするためでしょうか?
    消費量も日本人よりずいぶん召し上がってる感じがします。

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      実は、我が家は妻の実家からお米を送ってもらっているので、スーパーでは買っていません^^;
      一応、韓国でお米を買った場合の価格は10kgで40,000ウォンぐらいが相場で、あとコシヒカリとか日本のブランドのものも売っています。(まだ買って味を確認したことはありませんが)
      あと、雑穀を混ぜるのは、健康のためですね。妻はそういったご飯を作りたがるのですが、子供がムチャクチャ嫌がるので、控えることが多いです^^;

  5. たく より:

    韓国の食堂で供されるご飯は
    ステンレスの散っちゃい器に、ぎゅうぎゅうに押し込んで
    ぱさぱさだったり、おいしいご飯に出会ったことがありません。
    これは、最終的にクグにどかっとご飯を投入して
    猫飯にして食べてしまう文化が根強く
    ふんわりご飯へのこだわりがないのだからではないかと
    勝手に推察しています。
    自分は、鍋炊き派なので、韓国でもおいしく炊く自信はあります。
    うちでは、炊飯器はありません。
    トースターもありません、魚焼きグルリで代用、魚は焼かないです^^

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      そう言われてみると、私も昔、延世大学の語学院に留学していた頃、若くて綺麗な女子大生の多くが、食堂でいきなりご飯を汁物に入れて猫まんまにして食べていたのを見てビックリしたことを思い出しました(*_*)
      それにしても、鍋でご飯を炊くいていらっしゃるなんてすごいですね。
      以前、雨水タンクやスイカ栽培の話も伺ったりしましたが、たくさんは一体どんな生活をされているのか、何となく気になります^^

  6. 田中 利博 より:

    白物家電の専門メーカーは、世界各地に存在しますが、CUCKOOもその一つですね。サムソン LG デウエレクトロニクス ぐらいしか選択肢が無い韓国にしては、珍しいです。キムヒエさんがイメージキャラクターだったので、知りました。キムヒエさんが、顔をお直ししていたのが、少し、ショックでした。現在は、ウオンビンがイメージキャラクターですね。

    • ケン より:

      田中 利博さん

      コメントありがとうございます。
      CMの観点からコメントされるとはさすが田中さんだと思いました^^
      キムヒエさん、誰かな~と思って検索したら、その方でしたか。
      やっぱり年齢を重ねると女優さんは、いろいろ決断を迫られるところがあるのだと思います。
      それにしても、ウオンビンって老けないですよね~^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ