アボジ 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国ドラマで、父親のことをアボジというシーンを見かける方は多いと思います。

ただ、実際の生活では、父親のことをアッパと呼ぶ人が意外に多く、使い分け方は、日本と比べて、かなり違います。

ここでは、アボジとアッパの意味や違い、そして、韓国のアボジのちょっとした悲しいお話(!?)についてもお伝えしていきます。

アボジの韓国語での意味

アボジを韓国語で書くと“아버지” です。

ハングル カタカナ 意味
아버지 アボジ 父親、お父さん

“아버지(アボジ)”は、家庭で子供がお父さんのことを呼ぶ時や、他の人に対して、父親について話す時に使ったりします。

アッパの韓国語での意味

父親の呼称として、もう一つ有名なのは、“아빠”です。

ハングル カタカナ 意味
아빠 アッパ 父ちゃん、パパ

“아빠(アッパ)”は、子供が、父親のことを呼ぶ時に使う呼称で、日本語であれば「父ちゃん」とか「パパ」と訳すことが出来ます。

あと、小さい子供がいる家庭で、奥さんが旦那さんを呼ぶ時、“○○(子供の名前) 아빠”と言ったりします。

アッパのもう一つの意味

カタカナでアッパと書く韓国語にはもう一つ「痛い」という意味でのアッパがあります。

こちらのアッパは、韓国語では“아파”と書き、“아프다(アップダ)”のパンマル(ぞんざいな言い方)です。

韓国語では、どちらもアッパで、発音が同じだと思う人もいるかもしれませんが、韓国語では、“아빠”(パパ)と、아파”(痛い)で書き方も発音も違うので、ご注意下さい。

アボジとアッパの使い分け方は日本と違う!?

ここで少し整理をすると、

  • 아버지(アボジ):父親・お父さん
  • 아빠(アッパ):パパ

という意味の違いがあります。

また、ご参考までに、母親に関しては、

  • 어머니(オモニ):母親・お母さん
  • 엄마(オンマ):ママ

という意味です。

それだけを聞くと、

「なんだ、アボジとアッパの違いは、お父さんとパパの違いか。簡単、簡単!」

と思われる方も多いかもしれません。

しかし、厳密に言うと、アボジとアッパの使い分け方は、お父さんとパパの使い分け方と明らかに違います。

実は、韓国語のアッパの方が、日本語のパパに比べて、使う期間が、かなり長いんです

日本だと、高校生ぐらいになったら「パパ・ママ」というのは、恥ずかしいと感じますよね。

でも、韓国の高校生は、両親のことをアッパ、オンマと呼ぶ子達の方が圧倒的に多いです。

私も中学生、高校生、或いは大学生になった息子や娘から、ずっとアッパと呼ばれ続けています。

試しに、高二の息子に、何で私のことをアボジと呼ばないのか聞いてみました。

すると、息子は少し考えてから

「アボジだと、ちょっと遠い人のように感じる・・・」

と答えていたんですね。

アッパからアボジに呼称が変わるタイミング

では、韓国では、いつから、父親のことをアボジと呼ぶかというと、

  • 結婚して子供が出来るような頃から
  • 男性であれば、軍隊に行って帰って来てから

という段階で、アッパがアボジに呼び名が切り替わることが多いとのことです。

また、大人になっても、アッパ・オンマを使い続ける人もいますが、それでも違和感はありません。

それどころか、自分のお母さんに対しては、何歳になっても、オンマと呼び続ける人が圧倒的に多いです

オモニは、配偶者のお母さんを呼ぶ時によく使います。

アボジやアッパ以外の表現

父親、おじいさん、或いは親戚のおじさんなど、男性の家族に対する呼称をまとめると以下のようになります。

  • 아버님(アボニム):お父様
  • 할아버지(ハラボジ):おじいさん
  • 시아버지(シアボジ):義父
  • 큰아버지(クナボジ):叔父(父親の兄)※直訳したら大きなお父さん
  • 작은아버지(チャグン アボジ):叔父(父親の弟)※直訳したら小さなお父さん

などがあります。

ちなみに、“큰아버지(クナボジ)”や“작은아버지(チャグン アボジ)”は、“삼촌(サムチョン)”と呼ぶ時もありますが、

  • 叔父さんが独身の場合:삼촌(サムチョン)
  • 叔父さんが結婚している場合:큰아버지(クナボジ)や작은아버지(チャグン アボジ)

という感じで使い分ける傾向があります。

ウリ アボジ/ウリ アッパとは?

韓国では、“우리 아버지(ウリ アボジ)”とか、“우리 아빠(ウリ アッパ)”という表現もよく使います。

直訳したら、「私達のお父さん」ですが、ここでの「ウリ」は、「私達の」というよりは「うちの」と訳します。

ですから

  • 우리 아버지(ウリ アボジ):うちのお父さん
  • 우리 아빠(ウリ アッパ):うちのパパ

とそれぞれ訳すことが出来ます。

例えば、他人に対して、父親のことを話す時には、“우리 아버지(ウリ アボジ)”や“우리 아빠(ウリ アッパ)”と言ったりします。

アボジはオモニに負けている!?


私自身、立場としてはアボジですが、韓国に住んでいると「アボジはオモニに負けているなあ」と感じることがあります。

それはなぜかというと・・・

まず、韓国には、5月8日が、オボイナルという祝日です

日本語に訳すと「父母の日」ですね。

そして、オボイナル(어버이날)の語源は、オモニ(어머니)とアボジ(아버지)を合わせて最後にナル(날)を付けて出来た表現です。

つまり、日本語で「父母の日」と書くと父が最初ですが、韓国語だと母が最初なのです

さらに、韓国の子供達が、親をまとめて呼ぶ場合、“엄마 아빠(オンマ アッパ)” という表現を使います。

日本語に直訳したら「ママ パパ」ということで・・・

最初は、父親として、何だか、ちょっと悲しい気持ちになっていたのですが、最近は、諦めています(T-T)

まとめ

アボジは、韓国語で父親・お父さんという意味ですが、子供達がある程度、大人になった時に父親に対して使い始める表現です。

ただ、日本語での「お父さん」に比べると、韓国で「アボジ」を使い始める時期は、ずっと遅いんですね。

私も、子供達から「アボジ」と言われたらすごく違和感を覚えるところがあります。

また、将来、子供が大きくなったら、本当に私のことを「アボジ」と呼ぶのかなと気になっているところです^^;

合わせて読みたい記事