オモニ 意味

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語では、お母さんのことを「オモニ」と言います。

ただ、実際の韓国の家庭では、「オモニ」より「オンマ」を使う機会の方が圧倒的に多いんすよね。

そこで、ここでは、「オモニ」の意味について、「オンマ」との違いも交えて解説をしていきます。

オモニの韓国語表記と意味

オモニは、韓国語で、“어머니”と言います。

ハングル カタカナ 意味
어머니 オモニ お母さん、母

また、「お母様」は、“어머님(オモニム)” と言います。

ここでの“님(ニム)”は「様」という意味ですね。

日本語だと、「お母様」と呼ぶ機会はほとんどありませんが、韓国語だと、“어머님(オモニム)” という表現は意外によく使います

オモニとオンマの違いは?

オモニと似た表現として、オンマという表現があります。

オンマは、韓国語で、“엄마” と書きます。

ハングル カタカナ 意味
엄마 オンマ ママ、おかあちゃん

カタカナでは、オンマと書きますが、実際の発音は、“ㅁ”の音が入っているので、「オmマ」という感じになります。

“어머니(オモニ)”と“엄마(オンマ)”の違いを簡単に書くと、

  • 어머니(オモニ):お母さん
  • 엄마(オンマ):ママ

ということなります。

ただ、“엄마(オンマ)”=ママかというと、正しいと言えば正しいですが、厳密に言えば、ちょっと違うところがあります。

なぜなら、韓国人は、自分のお母さんのことは、何歳になっても、“엄마(オンマ)”という人が非常に多いからです。

ちなみに、大人の韓国人の中には、自分のお父さんに対して、“아버지(アボジ)”ではなく、“아빠(アッパ)”と呼ぶ人も多いです。

ただ、割合的には、成人になってから、父親のことを“아빠(アッパ)”と呼ぶ人よりも、母親のことを“엄마(オンマ)”と呼ぶ人の方が多いんですね。

実際、“어머니(オモニ)”と呼んだら、少し情的な距離を感じてしまうところがあるのも事実です。

ですから、母親としても“어머니(オモニ)”と呼ばれるよりは、“엄마(オンマ)”と呼ばれる方が、うれしいのかもしれません。

オモニの使い方

では、“어머니(オモニ)”は、どういう時に使うのでしょうか。

年配の男性が母親を呼ぶ時


韓国の女性は、成人になっても、自分の母親のことを“엄마(オンマ)”と呼ぶ人が多い人達が圧倒的に多いです。

ただ、男性の場合は、年配になってくると、「オモニ」と呼ぶ人が多くなります

やっぱり、男性の場合は、自分の子供の前で、母親のことを「オンマ」と呼ぶには、違和感を覚えるのかなと思います。

他人の母親のことを話す時

誰かの母親のことを話す時にも、“어머니(オモニ)”を使います。

ハングル 그 사람이 우승해서 어머니는 얼마나 기쁠까?
カタカナ ク サラミ ウスンヘソ オモニヌン オルマナ キップルカ?
日本語訳 その人が優勝して、お母さんはどれぐらいうれしいだろうか?

また、話をしている相手のお母さんのことを話す時は、“어머님(オモニム)”と、「様」を付けて話します。

ハングル 어머님은 지금 어디서 사세요?
カタカナ オモニムン チグム オディソ サセヨ?
日本語訳 (あなたの)お母さんは、今、どこに住んでいらっしゃるの?
ケン

日本語だと、話している相手のお母さんのこという時は「お母様」とは言いませんが、韓国語の場合は、“어머님(オモニム)”と「様」を付けて呼ぶところが、大きな違いですね。

お嫁さんが姑を呼ぶ時


直系の家族であれば、母親のことを「オモニ」と呼ぶよりは、「オンマ」と呼ぶ人の方が圧倒的に多いです。

ただ、息子のお嫁さんは、姑さんのことを呼ぶ時、「オモニ」と呼びます。

ハングル 어머니 식사 하셨어요?
カタカナ お母さん、食事はされましたか?
日本語訳 お母さん、食事はされましたか?

その時は「オンマ」とは、さすがに呼ぶことは出来ません^^;

姑さんとお嫁さんは、血が繋がっている訳ではありませんし、ある一定の情的な距離感が保たれているので、やはり「オモニ」となる訳ですね。

また、この時も、“어머님(オモニム)”と「様」を付ける方は多いです。

まとめ

韓国語で、母親のことを呼ぶ時、状況に応じて以下の3つの表現を使い分けます。

ハングル カタカナ 使うシーン
어머니 オモニ 年配の男性が母親を呼ぶ時
他人の母親のことを話す時
お嫁さんが姑を呼ぶ時
어머님 オモニム 他人の母親のことを話す時(尊敬表現)
お嫁さんが姑を呼ぶ時(尊敬表現)
엄마 オンマ 自分の母親のことを話す時(大半の大人も)

韓国では、自分の母親を「オンマ」と呼ぶ人が圧倒的に多く、また、韓国社会の中で、「お母様」という意味で「オモニム」を使う人は、意外と多いことを是非、覚えておいて下さい。

ケン

ちなみに、まったくの余談ですが、我が家の息子が母親のことを“어머님(オモニム)”と呼ぶことがありますが、それは、何かおねだりをする時だけです(笑)

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事