韓国の学校の登校時間が9時からになって困った


韓国の学校は、3月から新年度が始まっています。

韓国に住んでいる我が家の子供達も、3ヶ月近くの休みを終えて、学校に通っているのですが、今年度から一つ大きく変わったことがあります。

それは、韓国全ての学校で、昨年度までは8時半登校だったのが、9時登校になったということです。

■韓国語で登校って何て言うの?

登校は韓国語で등교(トゥンギョ)と言います。

ですから、登校するは등교하다(トゥンギョハダ)となり、登校拒否は등교 거부(トゥンギコブ)となります。

我が家の子供たちは、韓国で毎日、元気に登校しているので、その点ではありがたいんですけどね^^

9時登校って結構不便

なぜ、9時登校になったのか、ずっと疑問に思っていたのですが、よくよく聞いてみると・・・

「子供達は、毎日、夜遅くまで塾に通って、朝起きるのも大変だから」

という何だか訳の分からん理由が・・・

実際、9時登校になると、学校へ行く時間がいつもより、30分遅れるわけですがその30分が実は、結構大きかったりします。

特に親が共働きの場合、職場は、家の近くにあるわけではないので、9時から会社が始まる場合、大体の親は、8時前には家を出ないといけません。

子供達は、8時半ぐらい家を出れば良いので親と子供のペースが微妙にずれてきますし、親が出勤した後、しばらく家に取り残されることになってしまいます。

そんなわけで、ちょっとやっかいな9時登校なのです。

ハグォン(塾)とセットの韓国教育事情

よく韓国は、教育熱心な国だと言われたりしますが、それは、あくまでもハグォン(塾)とセットにした場合の話です。

学校だけに目を向けると、物足りない部分はかなりあります。

我が家の子供達が通っている学校では、宿題があまりありません。

また、夏休みや冬休みでも、みっちり宿題が出る訳ではなく、自由研究とか工作とかもありません。

休みの後半に子供達が、「宿題どーしよー」と焦る姿も見られないのです。

最近、気が付いたのですが、これって、子供達はハグォンに通っているのに宿題までたくさん出したら可哀想だと、配慮しているみたいなんですよねー

9時登校の件といい、宿題の件といい、配慮する方向性が根本的に間違っていると感じているのは、私だけでしょうか(・_・:)

もーちょっと、韓国の学校の先生にはぐぁんばって欲しいと思ってしまう今日この頃です^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ