先生 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

日本語と韓国語では似た部分が多く、漢字をそのままハングル読みすれば大丈夫なケースもありますよね。しかし、その一方で文化の違いによって表現が微妙に変わるケースもあります。

その典型的な例が「先生」です。先生をハングル読みすると、선생(ソンセン)となりますが、韓国語で선생(ソンセン)と呼んだら怒られます^^; では、先生は韓国語で何と言ったら良いのでしょうか?

この記事では「先生」の韓国語表現について一般的な表現と略語をお伝えし、先生を使った様々な韓国語表現についても解説をしていきます。

「先生」を韓国語で

「先生」を韓国語で表現する場合、大きく分けて2つのパターンがあります。

선생님(ソンセンニム)

一つ目は선생님です。

ハングル カタカナ 意味
선생님 ソンセンニム 先生

선생님(ソンセンニム)は直訳したら「先生様」です。日本では先生のことを呼ぶ時、「先生」とは言いますが、決して「先生様」とは言いませんよね。

ただ、韓国語では先生も含めて、様々なシーンで「様」という意味の님(ニム)を付けます。ここら辺は文化の違いだとも言えます。

선생님(ソンセンニム)の発音は難しい?
선생님(ソンセンニム)は発音が難しいと感じる方は多いようです。確かに短い単語の中に種類の違うパッチムが3個も入っていますからね。発音のコツとしては、

  • 선(ソン):舌の先を上の歯の後ろにタッチする
  • 생(セン):舌はどこにもつけずに浮かせたままにして、少し後ろに引く感じ
  • 님(ニム):口を軽く閉じる

という点を意識してみることです。最初はゆっくりでいいので、舌や口の動きに注意して発音してみてください^^

쌤(セム)(※略語)

先生の韓国語で呼ぶ場合、もう一つの表現としてがあります。

ハングル カタカナ 意味
セム 先生

쌤(セム)は선생님(ソンセンニム)の略語であり、先生に対して親しみを込めて読む場合に使う表現です。쌤(セム)は辞書にも載っていないですし、私も韓国に来てから、こういう表現があることを初めて知りました。

私が韓国のパソコンスクールに通っていた時、そこで同じ生徒の立場だった人が先生に向かって「쌤(セム)!」と言ったので、最初はビックリしました。쌤(セム)は日本語の「先公」みたいに、先生に対しての表現としては失礼じゃないかと思ったからです。

ただ、よくよく調べてみると、先生と親しい関係であれば、쌤(セム)と言っても大丈夫であることが分かった次第です^^ もちろん、初対面の先生に対しては使ってはいけないですが、韓国語教室などでも、先生と打ち解けることができたら쌤(セム)と呼んでも良いでしょう。

韓国語で先生を使った表現

韓国語での先生の呼び方の感覚が日本とはちょっと違うところが分かったところで、先生を使った韓国語の表現についていろいろお伝えしていきます。

担任の先生

担任の先生は、담임 선생님です。

ハングル カタカナ 意味
담임 선생님 タニム ソンセンニム 担任の先生

担任は담임(タニム)です。ちなみに、日本の担任の先生は家庭訪問をしたり、部活動の指導をしたりと何かと忙しいケースが多いですよね。ただ、韓国の担任の先生は、家庭訪問も部活動の指導も行いません。

韓国は、教育熱心な国ではありますが、それは塾も含めた話で、韓国に住んでいると担任の先生自体はそこまで忙しくないのかなと思ったりしてしまうことも多いです^^;

幼稚園の先生

幼稚園の先生は、유치원 선생님です。

ハングル カタカナ 意味
유치원 선생님 ユチウォン ソンセンニム 幼稚園の先生

日本だと未就学児のお子さんは、幼稚園、あるいは保育園に通いますよね。韓国語だと幼稚園は유치원(ユチウォン)なのですが、保育園の場合は어린이집(オリニチプ)と言います。直訳したら「子供の家」となります。

어린이집(オリニチプ)の代わりに保育園をハングル読みした보육원(ポユクウォン)という表現を使うことも可能ではあります。ただ、一般的には、어린이집(オリニチプ)という時の方が多いです。

また、어린이집(オリニチプ)と유치원(ユチウォン)の違いを簡単にまとめると以下のようになるので、ご参考にしてください。

項目 어린이집(オリニチプ) 유치원(ユチウォン)
施設の形態 保育施設 学校
対象年齢 満0歳~就学前 満3歳~就学前

その他の先生の呼び方

その他の先生の呼び方をまとめると以下のようになります。

日本語 韓国語 読み方
校長先生 교장 선생님 キョジャン ソンセンニム
教頭先生 교감 선생님 キョガム ソンセンニム
学校の先生 학교 선생님 ハッキョ ソンセンニム
小学校の先生 초등학교 선생님 チョドゥンハッキョ ソンセンニム
中学校の先生 중학교 선생님 チュンハッキョ ソンセンニム
高校の先生 고등학교 선생님 コドゥンハッキョ ソンセンニム
韓国語の先生 한국어 선생님 ハングゴ ソンセンニム
日本語の先生 일본어 선생님 イルボノ ソンセンニム
塾の先生 학원 선생님 ハグォン ソンセンニム
家庭教師 과외 선생님 カウェソンセンニム
医者 의사 선생님 ウィサ ソンセンニム

他にもいろいろな先生の種類があるのですが、とりあえず、これぐらいにさせていただきますm(__)m

先生ではない人でも先生と呼ぶ時


선생님(ソンセンニム)は、普段は先生の職業についている人を呼ぶ時に使いますが、先生ではない人に対して선생님(ソンセンニム)と呼ぶ時があります。

たとえば、お店の人がお客さんのことを선생님(ソンセンニム)と呼ぶ時があります。また、仕事のお付き合いでも、相手の立場を尊重して선생님(ソンセンニム)と呼ぶ時もありますよね。

そのように言われる立場としては、何となく良い気分になるものですよ^^

先生を使った韓国語の例文

最後に先生を使った韓国語の表現についてお伝えしていきます。

ハングル 내 꿈은 학교 선생님이 되는 것이에요.
カタカナ ネ クムン ハッキョ ソンセンニミ テヌン コシエヨ。
日本語訳 私の夢は学校の先生になることです。

선생님(ソンセンニム)という表現は、先生を呼ぶ時でない時も使えます。

ハングル 시험을 잘 봤더니 선생님한테 칭찬받았어요.
カタカナ シホムル チャル パットニ ソンセンニムハンテ チンチャン パダッソヨ
日本語訳 試験で良い結果を出したら、先生から褒められました。

試験で良い結果が出ることを시험을 잘 보다(シホムル チャル ポダ)と言います。直訳したら「試験をよく見る」となりますが、こういった表現は慣れるしかありません。

ハングル 쌤, 숙제가 너무 많아요…
カタカナ セム、スッチェガ ノム マナヨ。
日本語訳 先生、宿題が多すぎます。。。

先生と親しくなってきたら、こんな感じでリクエストを出してみても良いかもしれませんね。

韓国の先生の日

実は、韓国には「先生の日」というものがあります。韓国語では、스승의 날と言います。

ハングル カタカナ 意味
스승의 날 ススンエ ナル 先生の日

스승(ススン)は韓国語で「師匠」という意味です。스승의 날(ススンエ ナル)は5月15日ですが、この日はハングルを創った世宗(セジョン)大王の誕生日が起源になっています。ただ、この日は学校や会社が休みになるわけではありません。

また、스승의 날(ススンエ ナル)だからといって、生徒が先生に対して金銭的なものを渡すのは法律で禁止されています。しかし、その一方でカーネーションなどの花をプレゼントすることは問題ないので、もし、韓国語教室に通っているような方は、5月15日に先生に花をプレゼントしてみるのはいかがでしょうか^^

まとめ

韓国語では、先生のことを선생님(ソンセンニム)と呼びますが、님(ニム)を付けるところが、韓国の文化を反映していると言えますよね。また、先生と親しくなってきたら、쌤(セム)という表現を使う生徒たちも多いので、韓国の学園ドラマとかでも是非チェックしてみてください。

また、もしかしたら、旅行先で「선생님(ソンセンニム)!」と呼ばれることがあるかもしれませんが、そんな時は、ちょっと良い気分に浸ってくださいね^^

↓いつも応援していただき、ありがとうございます!
皆さんからの応援が韓国生活の励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク