ヨドンセン 意味

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

今回は、「ヨドンセン」や「ナムドンセン」という韓国語について解説をしていきます。

簡単に訳すと「妹」と「弟」なのですが、日本語とは、また、ちょっと違ったニュアンスや使い方があるので、そういった点も含めてお伝えしていきますね。

ヨドンセン・ナムドンセンの韓国語での意味

ヨドンセンやナムドンセンは、似ているところも多いので、違いが分かるように意味をお伝えしていきますね。

ヨドンセンの意味

ヨドンセンは韓国語で、“여동생” と書きます。

ハングル カタカナ 意味
여동생 ヨドンセン 妹(いもうと)

“여동생”を分解すると、“여(ヨ)”と“동생(トンセン)” に分かれます。

“여(ヨ)”は「女」の漢字読みです。

ですから、女性のことは「女子」をハングルにするという形で、“여자(ヨジャ)”と言いますよね。

また、“동생(トンセン)”は、「年下の兄弟」を意味するのですが、“동생(トンセン)”単独でも使うことが可能です

ケン

ただ、“동생(トンセン)”だけだと、弟なのか妹なのか分からないので、妹だとハッキリ伝えたい時は、“여동생(ヨドンセン)”と言います。

ナムドンセンの意味

その一方で、ナムドンセンは韓国語で“남동생”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
남동생 ナムドンセン 弟(いもうと)

“남동생(ナムドンセン)”も“여동생(ヨドンセン)”と同様に、“남(ナム)”と“동생(トンセン)”に分けることが出来ます。

“남(ナム)”は「男」の漢字読みですし、男性のことは、「男子」の漢字読みで、“남자(ナムジャ)” と言います。

ケン

“여(ヨ)”と“남(ナム)”の違いだけを覚えておいて、あとは“동생(トンセン)”を付ければ、うまく使い分けることが出来ると思いますよ。

トンセンなら家族じゃない人にも使える

先ほど、お伝えしたように、“여동생(ヨドンセン)” も“남동생(ナムドンセン)”も、“여(ヨ)” や “남(ナム)”を取って、“동생(トンセン)” と表現することが出来ます。

そして、実は、“동생(トンセン)” だけであれば、家族じゃない年下の友達に対しても使うことが出来ます

日本語に訳すなら、弟分、妹分という感じでしょうか。

また、その際は、頭に“친한(チナン)” を付けることが多いです

ハングル 내가 좋아하는 친한 동생이야.
カタカナ ネガ チョアハヌン チナン トンセンイヤ
日本語訳 私が好きな親しい弟分(妹分)だよ。
ケン

本当に関係が深いと、家族のように表現するのは、韓国の家族文化を象徴していると言えるかもしれませんね。

その一方で、実の弟や妹であることを伝えたい時は、頭に“친(チン)”を付けます

ハングル カタカナ 意味
친동생 チンドンセン 実の弟・妹
친여동생 チンヨドンセン 実の妹
친남동생 チンナムドンセン 実の弟

例えば、以下のような感じで使います。

ハングル 네 친여동생이야.
カタカナ ネ チンヨドンセンイヤ。
日本語訳 僕の実の妹だよ。

ヨドンセン・ナムドンセンを使った例文

次に、ヨドンセンやナムドンセンを使った例文について、さらにご紹介していきます。

ヨドンセンを使った例文

ハングル 인사해. 내 여동생이야.
カタカナ インサヘ。ネ ヨドンセンイヤ。
日本語訳 挨拶して。僕の妹だよ。

これは、友達に自分の妹を紹介する時に使う表現です。

ハングル 이것 내 여동생에게 줄거야.
カタカナ イゴッ ネ ヨドンセンエゲ チュルコヤ。
日本語訳 これは、僕の妹に上げるよ。

妹思いのお兄ちゃんが、使うような表現ですよね。

ちなみに我が家の娘は、お兄ちゃん達にかなり大切にされているので、そういった意味では、結構、得な立場にいるかもしれません^^

ハングル 내 여동생이였으면 좋겠다.
カタカナ ネ ヨドンセンイヨッスミョン チョッケッタ
日本語訳 僕の妹だったらいいのにな。

可愛い女性を見ると、こんな子が、自分の妹だったらなあと思う男性もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、私ぐらいの年になって来たら、気立ての良い女性を見ると、「この子が、我が家の息子のお嫁さんに来てくれたらいいのに」という発想になって来ます・・・

ナムドンセンを使った例文


次に、ナムドンセンを使った例文です。

ハングル 내 남동생은 고등학생이에요.
カタカナ ネ ナムドンセンウン コドゥンハクセンイエヨ。
日本語訳 僕の弟は、高校生だよ。

我が家だと、大学生の長男が、高校生の次男について、友達に話す時に使う表現ですね。

ハングル 내 바로 밑에는 남동생이야.
カタカナ ネ パロ ミッテヌン ナムドンセンイヤ。
日本語訳 私のすぐ下(の兄弟)は弟です。

兄弟がたくさんいる時、自分のすぐ下の兄弟が弟か妹であるかを説明する時に使います。

韓国で感じる少子化事情

ただ、最近の韓国の家庭は、一人っ子や二人っ子であることがほとんどなので、使う人はほとんどいないかもしれません。

我が家のような子供が三人いる家庭は皆無に等しいです。

韓国では、子供の教育費がムチャクチャ掛かるので、子供の数は最小限にしておきたいと思ってしまう韓国人の親たちの気持ちは。韓国に住んでいると何とな~く理解出来ます。

そういった状況の中で、三人を学校に送っていると、お金持ちだと勘違いされる時もあります^^;

ハングル 남동생이 있는데 오래 만나지 않았어.
カタカナ ナムドンセンイ インヌンデ オレ マンナジ アナッソ。
日本語訳 弟がいるけれども、長い間、会っていない。

兄弟は、子供の頃はずっと一緒にいるけれども、大人になったら、ほとんど会わなくなるケースって意外と多いですよね。

まとめ

ヨドンセンやナムドンセンは、元々、“동생(トンセン)”という表現に、女性を表す“여(ヨ)”か、男性を表す“남(ナム)”が付いた表現です。

弟であるか、妹であるかをハッキリ伝えたい時によく使いますが、“여(ヨ)”や“남(ナム)”を付けずに“동생(トンセン)”だけでも使うことが出来ます。

また、“동생(トンセン)”だけであれば、家族ではないけれども親しい年下の友達に使ったりもします。

ケン

韓国は、家族を表す表現が、本当に色々ありますので、身近な人に当てはめながら、一つ一つ覚えていかれることをお勧めいたします。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事