こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

2017年11月15日に韓国の慶尚北道浦項市でマグニチュード5.4の地震が発生しました。

震度は4程度だったそうですが、それでも地震の影響はかなり大きいなあと韓国のテレビを見ながら感じる機会が多いです。

今回はソウルで感じた地震や韓国の地震の歴史も含めてご紹介していきます。

ソウルで感じた地震

地震が起こった当日、私はソウルの自宅にいたのですが、突然、スマホに緊急地震速報が届きました。

そして、それから数秒後に、僅かではありましたが、少しだけ揺れを感じました。

多分、ソウルは震度1ぐらいだったのではないかと思います。

私地震、日本では地震を何度も経験していたので、それに比べたら、これぐらいの揺れは全然大したことはありません。

でも、正直に言うと、実は、ちょっと焦りました

その理由は・・・

韓国の建物は地震があることを前提に出来ていないからです。

そのことは、こちらの記事で詳しく書いています。

韓国で地震が起こったら超ヤバイ5つの理由

実際、ソウルに関しては、地震が来る前に地震速報が来たので、その点ではすごいなあと思いました。

ただ、今の韓国の状況を考えると、あまりそのことは重要でないのかもしれません。

大きな地震が来たら対策のしようがありませんから・・・

地震の影響は結構大きい!?

実は、韓国で地震が起こった日の翌日11月16日は、韓国の大学入試の一環として行なわれるセンター試験(スヌン)の日でした。

しかし、前日に地震が起こったため、

「みんなが同じ条件で試験を受けられるように」

ということで、試験日が一週間延期されました。

また、地震から一週間近く経っても、余震があったりするので、避難生活をしたり炊き出しをしたりしている方々がいらっしゃいます。

少し前の韓国から見れば、ちょっと信じられない光景です。

韓国の地震の歴史とその頻度

実際、韓国の歴史を振り返ってみると、韓国は元々地震がなかった国ではなかったようです。

こちらの記事を見てみると、韓国の過去2000年の歴史で、地震は40回起こっていて、最大の地震はマグニチュード7を超えたというのです。

やっぱり歴史の教訓って時間が経てば忘れちゃいますよね・・・

また、地震の頻度的には、17世紀と18世紀に集中していたとのこと。

その後、頻度は少なくなったようですが、韓国では2016年も大きな地震が起こっています。

最近の地震の増加傾向を見ると、韓国は地震がない国から少ない国へ再び変わりつつあるようです

こうやって記事を書いている今も、地震の影響で不便な生活をされている方が韓国には結構いらっしゃると思います。

そういった方々が一日でも早く平穏な生活を取り戻されることを願っています!

合わせて読みたい記事