先日、妻が「ねえ、このウサギ知っている?」と言いながら、あるウサギの人形の写真を見せてくれました。

元々、そのウサギのキャラクターは、日本のものだというのです。

そして、日本の名前を調べてみると、そのウサギの名前は、

「すこぶる動くウサギ」

であることが分かりました。

韓国語では、오버액션 토끼(オーバーアクションウサギ)と言います。

実は、この”すこぶる動くウサギ”が韓国では大人気なんだそうです。

韓国での”すこぶる動くウサギ”の人気度合い

試しに小学生の娘にも、”すこぶる動くウサギ”の写真を見せると、

「あー、オーバーアクションウサギだあ~」

と喜んでいました。

娘の学校でも、”すこぶる動くウサギ”は可愛いと大人気なんだと話していました。

そして、娘は、

「私も、この間、オーバーアクションウサギでゲームを作ったんだよ~」

と言って、学校の工作の時間に作った作品を持って来てくれました。

娘が、この作品を作ったことは、前から知っていたのですが”すこぶる動くウサギ”だったんですね。

韓国の流行に鈍感な私・・・

そこで改めてチェックしてみると、

韓国人なら誰でも使っているスマホのSNSアプリ、カカオトークでも、人気スタンプランキングの第二位に”すこぶる動くウサギ”が入っていました。

芸能界では、IU(アイユー)という韓国では大人気の歌手も”すこぶる動くウサギ”が大好きなんだそうです。

また、YouTubeで調べると、”すこぶる動くウサギ”の等身大のぬいぐるみを着て踊る動画がたくさんアップされています。

そして、近所のUFOキャッチャーのお店に行ってみると・・・

ここにも

あそこにも

もちろん、”すこぶる動くウサギ”のぬいぐるみは、普通のお店でもしっかり販売されています。

さらにバスキン・ロビンスというアイスクリーム屋さんでも、”すこぶる動くウサギ”を使ったキャンペーンをやっていました。

それにしても、意識を変えるだけで、こんなにも”すこぶる動くウサギ”が目の中に飛び込んでくるとは。

ソウルの街は、”すこぶる動くウサギ”だらけです。

ここまで人気だと何だか笑えて来ます^^

韓国では日本のキャラクターが人気

“すこぶる動くウサギ”の作者はDKというペンネームの日本人の方みたいですが、韓国には、日本のキャラクターが、ものすごく浸透しているイメージがあります。

今回、娘の部屋にあるぬいぐるみを写真を撮らせてもらいましたが、

左から

  • LINEのブラウン(クマの人形)
  • リラックマ
  • くまのプーさん
  • アイスベア(ぼくらベアベアーズ)

となっていて、半分は日本のキャラクターですね。

韓国のUFOキャッチャーのお店へ行っても、日本のぬいぐるみがたくさんあります。

日本からの他の国へ来て思うのは、かわいいものを作らせたら、日本人の右に出る国はないということです。

ただ、娘が一番好きなキャラクターは・・・

おそまつさん・・・

まあ、おそまつさんも、可愛いと言えば可愛いんですけどね~^^;

合わせて読みたい記事