以前、韓国でiPhoneの機種変更をした際に、謝礼品として、iPhoneケースをもらいました。

そして、実は、このiPhoneケース、カードを入れることが出来ます

私は、iPhoneケースをもらった後、「ふーん」と思っていたのですが、今まで日本から来た2人の友達に見せたところ、

「iPhoneケースにカードを入れられるなんてすごいですね~」

と、なぜか驚かれました。

私は、驚かれたことに驚きました(´・ω・`)

そして、先日、”わたりんご”さんという韓国事情になぜかやたら詳しい日本人ブロガーの方が韓国に遊びに来られた際も、このiPhoneケースを見せたところ、

「お~、こういうのがあるんですか~。私も買ってみたいですね~」

と言われたので、iPhoneケースを扱っている韓国のお店をいろいろ回って見ることにしました。

カードが入れられるiPhoneケースの使い方

ちなみに、こちらのiPhoneのケースですが、片側からカードを入れられる仕組みになっています。

そして、反対側に小さな穴が空いているのですが、そこでカードの端が見えるようになっています。

この部分を親指でギュッと押し出して上げれば、反対側からカードがニョキニョキと出て来るので、すぐにカードを取り出すことが出来ます。

私の場合、韓国の地下鉄を利用する際に使うT-Moneyの機能が付いたクレジットカードを入れています。

ですので、地下鉄に乗る場合は、改札でiPhoneごと上からピッと押さえれば、通過することが出来ます

また、お店でクレジットカードを使いたい時は、ニョキニョキとカードを出して店員さんに渡しています。

外出する際に、お財布を持っていなかったとしても、iPhoneケースにクレジットカードが入っていれば、韓国はカード社会なので、不便なく買い物も出来て便利です。

ヨンシンネのiPhoneケースのショップを散策

そして、今回、わたりんごさんが、このiPhoneケースに関心を持たれたので、ソウルのヨンシンネの街を一緒に散策してみました。

実際、探してみると、スマホケースを売っているお店ってたくさんあるんですね。

さすが、我が愛する街、ヨンシンネ^^

もちろん、カードを入れられるスマホケースもありますし、

キャラクター関係のスマホケースもたくさんあります。

正直、長年、韓国に住んでいると、どこまでが日本と同じで、どこから日本と違って来るのか、よく分からなくなってくるので、一応、参考までにご覧くださいm(__)m

日本でも使っている人が結構いたらゴメンナサイ

記事を書いている途中で、調べていると、日本でもカードを入れられるiPhoneケースは一応販売されているみたいですね。

もし、カードを入れられるiPhoneケースは、日本でもそんなに珍しくはないよ~という方がいらっしゃったらゴメンナサイm(__)m

韓国に住んでいると、日本のおサイフケータイとか、FeliCaとか、スマホに決済の機能のシステムを埋め込むという感覚がよく分からなくなってきます

韓国だと、基本的には、カードを持ち歩くか、アプリ機能でカードを登録するかのどちらかだからです。

段々、日本の感覚よりも韓国の感覚の方が当たり前のようになりつつある自分がちょっと怖いです^^;

合わせて読みたい記事