韓国 指ハート

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

私が5年前、韓国に移住してきた頃は、そうでもなかったのですが、最近、テレビなどでやたら見かけるものがあります。

それは、親指と人差し指の指先をクロスさせて作る指ハートのポーズです。

そこで、今回は、指ハートの意味、やり方、そして元祖が誰であったのか、諸説をお伝えしていきます。

指ハートの意味

この指ハートポーズは、「愛しているよ」という意味です。

つまり、愛情表現の一つという訳なんですね。

指だと小さいので、一瞬分かりづらいかもしれませんが・・・

よく見てみると、親指と人差し指でハートの形が作られていることが分かるかと思います。

韓国のテレビを観ていると、芸能人が観客席に向かって、指ハートのポーズを見せて、観客たちが「キャー」と騒ぐシーンは、本当によくあります^^

また、韓国ドラマ「愛の不時着」でもソン・イェジンが演じるセリが自分を助けてくれた北朝鮮の兵士たちに指ハートを送っていましたね。

ここでの指ハートは、感謝と愛情の意味で使われていました。

ただ、ヒョンビンが演じるジョンヒョクは、セリが、自分にだけじゃなくて、他の兵士達にも指ハートを連発していたことに嫉妬していましたけど・・・

韓国の指ハートはお金を意味する?

韓国の指ハートは、お金を意味するのではないかと思う方もいらっしゃいます。

確かに、西洋では、親指、人差し指、中指の3本をこすり合わせると、それは「お金」を意味するジェスチャーとなります。

しかし、韓国の指ハートは、親指と人差し指をクロスさせるので、お金を意味するジェスチャーとは違います

実際、西洋で、指ハートは、“Korean Finger Heart” と言われているので、ハートを意味することは、ちゃんと認知されています。

韓国では指ハートが当たり前

韓国語では、指ハートを손가락 하트(ソンカラハート)と言います。

손가락(ソンカラ)は指を意味します。

今までは、”愛してるよ~”という表現を伝える時は、指で大きくハートのマークを作るポーズが韓国でも一般的だったと思うのですが・・・

息子や娘に聞いてみると、学校では皆、ハートマークを作る時は、指ハートしか使っていないとのこと。

今や韓国での指ハートは、韓国の愛情表現の定番になっている訳ですね。

指ハートのやり方

ただ、指ハートって、やってみると分かりますが、コツを掴まないと意外に難しく感じます

私も、実は最初なかなか出来なくて焦りました^^;

でも、あるポイントを押さえれば、簡単に正確な指ハートが出来るようになります。

それは、人差し指を前に出すということです。

そして、親指で後ろから押し出すというイメージです。

すると、指ハートがバッチリ決まります。

試しにやってみてください^^

指ハートは最初に誰から始まった?

この指ハートは、韓国発祥ということまでは分かっているのですが、誰が最初に始めたかは、いろいろ議論があるそうです。

  • INFINITEのナム・ウヒョンが2011年から始めて流行らせた説
  • BIGBANGのG-DRAGONが子供の頃に撮った写真で指ハートを作っていたから元祖だという説

まあ、よく分からない部分が多いのですが・・・

とにかく今では、BIGBANGやTWICEなどの有名グループだけでなく、いろいろな芸能人がやっていて皆で流行らせているという感じです。

そして、指ハートは芸能人だけでなく、大統領までやっています

指ハートになかなか慣れない

ただ、私自身、この指ハートには、なかなか慣れません

まあ、私みたいな40過ぎのおっさんがニヤッと笑いながら指ハートをやったら、絶対、きもいって言われるでしょうし・・・

そもそも、妻が、この指ハートがあまり好きじゃないので、そういった中で、私が使うことなんて出来ないですし・・・

もちろん、だからといって、大きくハートマークを作ることも日本男児としては、絶対やりたくないですし・・・

愛情表現って本当に難しいですね~^^;

合わせて読みたい記事