こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

今回は、韓国語で「上手だ」とか「上手ですね」と表現する際に使う言葉をお伝えしていきます。

ただ、実は、韓国にずっと住んでいると、「上手だ」という意味の韓国語のせいで、子供達や自分自身の日本語が段々おかしくなってきておりまして・・・

そういった事情も含めてお伝えしていきます。

韓国語で「上手だ」は잘하다(チャラダ)

韓国語で「上手だ」は、잘하다(チャラダ)と言います。

잘(チャル)とは、「よく」とか「うまく」という意味です。

ですから、잘하다(チャラダ)を直訳したら、「よくできる」とか「うまくできる」という感じになります。

あとは、シチュエーションに応じて以下のように使うと良いでしょう。

잘합니다(チャラムニダ) 「上手です」と丁寧に言う時の表現
잘해요(チャレヨ) 「上手です」と親しい人に対して言う時の表現
잘하네요(チャラネヨ) 「上手ですね」と親しい人に対して言う時の表現
잘하네(チャラネ) 「上手ですね」と目下の人に対して言う時の表現
잘하시네요(チャラシネヨ) 「上手ですね」と目上の人に対して言う時の表現

また、日本語では、「〇〇が上手だ」と表現するので、韓国語でも〇〇가とか〇〇이(主語がパッチムで終わっている場合)という表現を使いたくなるものですよね。

でも、実際の韓国語では、〇〇를とか〇〇을など、日本語で“~を”と表現する時に使う助詞を主語に付けるのでご注意下さい。

韓国語で下手は?

逆に韓国語で「下手だ」と表現する時は、잘 못하다(チャルモッタダ)と言います。

못(モッ)は「~できない」といういう時、動詞の頭につける表現です。

ですから、잘 못하다(チャルモッタダ)は、直訳したら、「よくできない」とか「うまくできない」という感じになります。

韓国語で上手を使った例文

次に、韓国語で、上手という表現を使った例文についてお伝えしています。

演技が上手い

연기를 잘하다 (ヨンギルル チャランダ)

韓国ドラマを見ていると、演技派の役者さんをよく見かけますよね。

そんな時は、
〇〇(役者の名前)는 진짜 연기를 잘하네요(〇〇ヌン チンチャ ヨンギルル チャラネヨ)
(〇〇は、本当に演技がうまいよね。)

と言って誉めて上げましょう。

日本語が上手ですね

일본말을 잘한다 (イルボンマルル チャランダ)

韓国人が一生懸命、日本語を勉強して話してくれたら、「上手ですね~」と誉めて上げたいですよね。

そんな時は、

일본말을 진짜 잘하시네요(イルボンマルル チンチャ チャラシネヨ)
(日本語が本当に重要ですよね。)

と誉めて上げたら、相手の韓国人も喜んでくれると思います^^

「韓国語が上手ですね~」と言われた時の返し方

韓国旅行に行って、少し韓国語を使うと、「韓国語が上手ですね~」と誉められる人もいらっしゃるかと思います。

そんな時には、いろいろな返し方があります。

素直に、감사합니다(カムサハムニダ)とお礼を言っても良いでしょう。

また、謙虚に返したい時は、아직 잘 못해요(アジク チャル モッテヨ)と言っても良いです。

「まだ上手ではないですよ」という意味ですが、私はこの表現をよく使います^^;

あと、もっと、韓国語の会話を楽しみたいのであれば、

  • 빈말이라도 감사해요 (ピンマリラド カムサヘヨ)
  • 빈말이라도 기쁘네요 (ピンマリラド キップネヨ)

と返したら面白いかもしれません。

(ただ、ここまでの表現をしてしまうと、韓国語ペラペラだと変な誤解を生んでしまうかもしれませんが・・・)

빈말(ピンマリ)とはお世辞という意味なので、「お世辞でもありがとうございます」、「お世辞でもうれしいです」という意味になります。

あと、お世辞は、韓国語で아부(アブ)とも言いますが、へつらうような意味でのお世辞なので、아부라도 감사해요(アブラド カムサヘヨ)とは言わない方が良いです。

ちなみに、ちょっと余談ですが、うちの長男は、韓国の学校に通いながら、「韓国語が上手ですね」と言われると、「あっ、まだ日本人的な発音が残っているんだ・・・」と少し残念に思うそうです。

実際に、中学生の時に韓国に移住した息子の韓国語は妻に言わせると、完璧ではないそうです。

その一方で、移住した時、小3だった次男は、韓国語が上手という次元を超えて、完全に韓国人と同じ発音で韓国語を話しています

逆に日本語は非常に怪しいのですが^^;

「上手」が私の日本語をおかしくさせる

ただ、韓国語で「上手」という意味の잘하다(チャラダ)は、子供や私の日本語をおかしくさせる危険な要因をはらんでいます。

なぜなら、잘하다(チャラダ)には、「得意だ」という意味も含まれているからです

例えば、韓国では、

영어를 잘한다(ヨンオルル チャランダ)

と表現する時があります。

영어(ヨンオ)とは、英語という意味なので、直訳したら、「英語がよく出来る」となります。

ただ、日本語に訳すとすれば、「英語が得意だ」という意味になりますね。

しかし、ここで問題が・・・

子供たちが、私に気を使って日本語で話してくれる時、

「僕、英語が上手なんだよ。」

とおかしな日本語を使ってしまうのです。

最初は私も、「いや、そういった時は、『英語が得意』と言ったらいいんだよ。」と教えて上げていました。

でも、最近は、「あれっ、こんな時は、『上手』、『得意』のどっちを使うんだっけ?」と混乱することが多くなっています・・・

これ、韓国在住日本人のあるあるかもしれません^^;

まとめ

韓国語で「上手だ」という表現をする時は、잘하다(チャラダ)を使います。

ただ、잘하다(チャラダ)は、上手だけじゃなくて、得意という意味もあるため、日本語の「上手」に比べると、もっと幅広く使う時が多いです。

ですから、잘하다(チャラダ)を日本語に訳す時は、私のように混乱しなようお気をつけ下さい!

合わせて読みたい記事