韓国語 ムカつく
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

普段、生活をしていると、嬉しい時もあれば、ムカつく時もありますよね。

韓国語では、そんな時「チャジュンナ」という表現をよく使います。

ここでは、「チャジュンナ」の意味や腹が立つ時や怒った時に使う他の表現についてもお伝えしていきます。

ムカつく時は짜증 나(チャジュンナ)

韓国語でムカついた時やイライラした時に使える言葉と言えば、やっぱり“짜증 나”です。

ハングル カタカナ 意味
짜증 나 チャジュン ナ ムカつく

“짜증(チャジュン)”とは「かんしゃく」、“나(ナ)”は、原型が나다(ナダ)で「生じる」という意味なので、直訳したら、「かんしゃくが生じる」となります。

一応、“짜증 나(チャジュンナ)”を略して、“짱나(チャンナ)”と言う時もありますが、どちらかと言えば、女性が使う時が多いそうです

我が家でも、妻は“짱나(チャンナ)”をよく使うと言っていましたが、息子二人は、「そんな女々しい言葉は使わないよ」と言っていました。

(あくまでも我が家でのケースです^^; )

ですから、基本的には、“짜증 나(チャジュンナ)”を使うと良いでしょう!

짜증 나(チャジュンナ)を使った例文

ハングル 진짜 짜증나
カタカナ チンチャ チャジュンナ
日本語訳 本当にムカつく(まじうざい)

ムカついている気持ちを、より強く表現したい時は、“진짜 짜증나 (チンチャ チャジュンナ)”というように、진짜(チンチャ)を付けます。

“진짜(チンチャ)”は、「本当に」という意味なので、“진짜(チンチャ)”の代わりに“チョンマル(정말)”を使っても大丈夫です

ハングル 짜증나 죽겠어요.
カタカナ チャジュンナ チュッケッソヨ。
日本語訳 ムカついて死にそう

さらに、もっと、ムカつく時は、“짜증나 죽겠어요(チャジュンナ チュッケッソヨ)”と表現しましょう。

最後の“요(ヨ)”は、取っても大丈夫です。

“죽겠어요(チュッケソヨ)”は、「死にそう」という意味で、韓国では、私も含めて本当によく使う表現です^^;

腹が立つ時や怒った時に使う言葉

짜증 나(チャジュンナ)の他にも、ムカつくと訳せる言葉はいくつかあります。

いずれも、腹が立つ時や怒った時に使う表現なので、参考にして下さい。

화가 나다(ファガ ナダ)

ハングル カタカナ 意味
화가 나다 ファガ ナダ 腹が立つ

“화가 나다 (ファガ ナダ)”は、「腹が立つ」という意味です。

화(ファ)は、「怒り」で、나다(ナダ)は「生じる」という意味なので、直訳したら、「怒りが生じる」となります。

열 받다(ヨルパッタ)

ハングル カタカナ 意味
열 받다 ヨルパッタ 頭に来る

“열 받다 (ヨルパッタ)”は、「頭にくる」という意味です。

“열(ヨル)”は「熱」で、받다(パダ)は受けるという意味なので、直訳したら、「熱を受ける」となりますね。

“화가 나다 (ファガ ナダ)”より、もっと頭にカーッと血が上る感じです^^;

また、会話で使う時は、“열 받아(ヨルバダ)”と言う時が多いですね。

미치겠다(ミチゲッタ)

ハングル カタカナ 意味
미치겠다 ミチゲッタ 狂いそうだ

“미치겠어(ミチゲッソ)”という時もあります。

原型は、미치다(ミチダ)で「狂う」という意味なので、“미치겠다(ミチガッタ)”や“미치겠어(ミチゲッソ)”は、「狂いそうだ」という意味です。

ムカつく時だけでなく、暑い時、寒い時、辛い時など、いろいろなシーンで使う、結構、万能な言葉です。

성질나다(ソンジルナダ)

ハングル カタカナ 意味
성질나다 ソンジルナダ 腹が立つ

“성질나다(ソンジルナダ)”は、「かんしゃくを起こす」とか「怒りをぶつける」という意味です。

“성질(ソンジル)”は悪い性格を意味しています。

빡치다(パクチダ)

ハングル カタカナ 意味
빡치다 パクチダ ムカつく、腹が立つ、飽きれた

“빡치다(パクチダ)”は、主に若者が使う俗語(スランク)です

息子もよく使っているとのこと^^;

まとめ

韓国語で「ムカつく」という時は、いくつかの表現がありますが、一番よく使うのは、“짜증 나(チャジュンナ)”です。

かくいう私も、「あ~、そんなこと、言っちゃ、ダメダメ」と思いながら、ついつい“짜증 나(チャジュンナ)”と言ってしまう時がよくあります・・・

だって、人間だもの(´・ω・`)

やっぱり、人間、ムカつく時もありますから、そういった時は素直に表現してしまって、その後、また気持ちを持ち直して、ポジティブな言葉を使っていけたらいいですよね^^

なんとか、うまくまとめられたでしょうか・・・(´・ω・`)

合わせて読みたい記事