チャパゲティの作り方!まずいとか焦げた味だなんて言わせない!



こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

チャパゲティは、韓国の代表的なインスタント麺で、我が家の子供達も大好きです。

日本でも、チャパゲティは販売されているそうですが、レビューを見ていると、「まずい」とか「焦げた味がする」とか「味がない」という意見がチラホラ・・・

でも、もしかしたら・・・

作り方を間違っていませんか!?

ということで、今回は、チャパゲティをこよなく愛する我が家の次男の監修のもと、美味しいチャパゲティの作り方をお伝えしていきます!

チャパゲティの袋を開けると

チャパゲティは農心という韓国の食品メーカーが販売していますが、今回は、最も定番のチャパゲティの袋入り麺を使って、作り方を解説します。

まず、チャパゲティの袋を開けると、麺の他に3つの小袋が入っています。

写真の左側から、

  • 후에이크(フレイク):最初に麺と一緒に茹でます
  • 과립스프(顆粒スープ):お湯を切った後に入れます
  • 올리브조미유(オリーブ調味料):最後の仕上げに入れます

となっています。

お湯を沸騰させる

まず、一人分あたり、600ml(3カップ)の水を入れて、沸騰させます。

フレークと麺を投下

お湯が沸騰したら、フレークと麺を投下します。

そして、5分ほど煮込みます

もし、鍋が小さい場合は、麺を二つに割ると良いでしょう。

お湯を捨てる時が最も重要なポイント

麺が柔らかくなったら、お湯を捨てるのですが、ここで、とっても大切なポイントがあります。

それは、お湯を全部捨てちゃダメだということです。

必ず、少しだけお湯を残しておくようにして下さい。

その理由は、2つあって、一つは、粉末スープをしっかり絡めるため、そしてもう一つは、焦げを防ぐためです。

ここでお湯を全部捨てきってしまうと、粉末スープがうまく絡まず、味がまずいという結果になってしまう可能性があるので、ご注意下さい。

粉末スープを入れてしっかり混ぜる

少しお湯を残した段階で、粉末スープを入れて、しっかり麺に絡ませます。

また、この時、弱火で炒めると、美味しさがアップします

チャパゲティは何か味がないなあと思っている方は、是非、この方法を試してみて下さい。

(ただし、焦げないようにご注意を)

仕上げはオリーブオイル

そして、最後にオリーブ調味料を入れると、美味しいチャパゲティが出来上がりです!

やっぱり、チャパゲティって本当に美味しいんですけどね~^^

もし、過去にチャパゲティ作りで失敗してしまった方、作り方が分からなくて、不安な方は、是非、こちらの内容を参考にしてチャレンジしてみて下さい!

チャパゲティ・チャジャン麺・ジャージャー麺の違い

チャパゲティは、韓国の庶民的な中華料理、チャジャン麺のインスタント麺バージョンです

チャジャン麺は、韓国の中華料理店で食べることが出来ますし、中国のジャージャー麺と似ています。

ただ、ジャージャー麺と違って、チャジャン麺はソースが真っ黒です

簡単に言ってしまえば、チャジャン麺は韓国風ジャージャー麺です。

チャジャン麺自体も安くて美味しいのですが、もっと安く手軽に済ませたければ、チャパゲティを食べるという感じです。

チャパゲティは、韓国でも大人気のインスタント麺なので、韓国旅行のお土産にもオススメです。

もちろん、お土産として渡す場合は、美味しい作り方も一緒にお伝え下さいね^^

>>韓国インスタントラーメンのおすすめランキング!ちょっと激辛基準で

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村





次の記事: »

前の記事:«

6 Responses to “チャパゲティの作り方!まずいとか焦げた味だなんて言わせない!”

  1. akira より:

    お、出ましたね。遅くなるとのコメントも見ました、ケンさんけっこう律儀な方なんですね。
    僕も何度も作ってます、作ってて僕はお湯を捨てない作り方に行き着きました。
    お湯を最初から少なくしとけば捨てなくていいので、600mlではなく1か2人前なら400ml(400mlか800ml)で5か6人前なら300ml(1500mlか1800ml)で作ってます。
    この前も食べましたがチャパゲティは美味しいですね。

    • ケン より:

      akiraさん

      コメントありがとうございます。
      お待たせしました!
      はい、人は一度やるといったことはやらないと信頼を失うので^^;
      チャパゲティの作り方の記事は書いていて楽しかったですよ。
      akiraさんは、お湯を捨てない方法で作っていらっしゃるんですね。
      どんな方法であれ、最後に美味しく食べられることが大切なので^^
      と書きながら、また、チャパゲティ食べたくなって来ました(笑)

  2. たく より:

    韓国語を習っている先生に、チャパゲティをご存知か伺ったら、当然知っていました。
    大好きだそうです。
    ゆでたお湯を少し残しておくことは、もちろんご存知でした。
    常識なんですね。
    日本人はぺヤングは全部お湯捨てるし、ラーメンは湯切りとかするので、お湯を全部捨てそうですね。

    • ケン より:

      たくさん

      なるほど!
      チャパゲティを日本のやきそば感覚で作ろうとして失敗してしまう人は、
      意外と多いのかもしれませんね。
      参考になるご意見ありがとうございました^^

  3. こんなむる より:

    多分韓国のラーメンは日本のものと比べてナトリウムや旨味調味料(いわゆるMSG)があんまり入っていないので、それで日本人の舌には物足りないんだと思います。
    辛ラーメンも15〜20年ぐらい前から消費者に気を使ってスープに旨味調味料(MSG)が含まれないようになって、そこから味が無くなったと昔の辛ラーメンの味を知る韓国人達からの愚痴を何度も聞きました。

    • ケン より:

      こんなむるさん

      えっ、辛ラーメンにはそんな歴史があったとは。
      最近はインスタント食品に対する消費者の目は厳しいものがありますから、
      メーカー側もいろいろ気を遣っているのかもしれませんね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ