韓国食事マナー日本との違い

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、日本の実家へ帰省してご飯を食べていた時のことです。

ご飯を食べている私を見て母が怪訝そうな顔をしながら、「あなた、なんで茶碗を持たないの?」と聞いて来たんですね。

その時、「あぁ、自分は知らない間に韓国の食事マナーに染まっていたんだなあ。」と改めて実感いたしまして・・・

そこで、今回は、韓国の食事マナーについて、日本との違いを交えながら解説をしていきます。

実際に整理してみると、日本との違いは意外に多いのかもしれません。

韓国では茶碗を持たない理由

韓国では、ご飯を食べる時、茶碗は持たないですし、茶碗を持つと行儀が悪いと見なされます

ここら辺は、日本と完全に逆ですね。

だから、たまに日本に帰ると、ついつい茶碗を持たずに、親から注意されてしまう私・・・

韓国では茶碗を持たない理由について、韓国人の妻に聞いてみたところ、

「昔、韓国では両班(ヤンバン)※は茶碗を持たずに食べていたし、茶碗を持って食べると、焦ってご飯を食べているようで心に余裕のない人だと思われたから。」

という答えが返って来ました。

(※両班:高麗、李氏朝鮮王朝時代の支配階級の人達)

また、韓国では、茶碗を持たないというより、持てないという事情があります。

韓国にはステンレス製の茶碗が多く、熱々のご飯やスープをを入れると、熱くて持てない時が多いからです。

その代わり、韓国で食事をする際は、必ずといって良いほど、スプーンが付いて来ます

スプーンがあれば、茶碗を持たなくても、最後までしっかり食べ切ることが出来るからです。

実は、以前、息子と一緒に日本へ行った時、吉野家へ行ったのですが、息子が「あれっ、何でスプーンがないの?」と聞いて来たんですね。

なので、私は「こうやって茶碗を持てば、箸で食べれるじゃん」と説明したのですが、韓国生活に慣れた息子はやっぱり違和感を覚えていたみたいです^^

韓国ではご飯は残す?残さない?

韓国で食事の招待をされた時、ご飯を残すか残さないか、悩まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際に日本では、残さない方が良いと言われている一方で、中国では、「十分に頂きました」というニュアンスで少しご飯を残すのが礼儀だと言われています。

では、韓国ではどうなのでしょうか?

韓国の場合でも伝統的には、中国と同じようにご飯を少し残すのがマナーだという文化はあります

しかし、韓国に住んでいると、食事を提供する側に立った時、残さないで食べて欲しいとついつい思ってしまいます

その理由は、韓国では、残飯を捨てるのが有料だからです。

これは、一般家庭でも食堂でも同じです。

韓国で残飯を捨てる際は、“飲食物ゴミ袋”という有料の袋をスーパーなどで購入し、普通の一般ゴミとは分けて捨てます。

つまり、食べ物を残せば残すほど、食事を提供する側は、余分なお金を払う必要性が出て来てしまうのです。

ですから、現代社会においては、残さない方が喜ばれるところがあります。

また、韓国にも、相手がご飯を残すと、「あまり美味しくなかったのかしら」と思う方はいらっしゃいます。

なので、仮に残す場合でも、「マシッソヨ~」とか言いながら、感謝の気持ちを伝えることも大切ですよね。

片膝を立てるのはマナー違反?

韓国では、食事中に女性が片膝を立てて、食事をする人を見かけたりします。

それは、マナー違反なのでしょうか?

正解は、女性であればOKです

男性もマナー違反にはなりませんが、あぐらをかいて座る人がほとんどです。

なぜ、女性は立ち膝でもOKかというと、伝統的な韓服を来て座る場合、片膝を立てて座る方が美しく見えるからです。

そして、その習慣は、洋服を着る現代になっても、片膝を立てる習慣は続いているんですね。

逆に、正座をして食べるとマナー違反ではありませんが、一緒に食事をしている人が、少し窮屈に感じる可能性が高いので、足は崩す方が良いです

私自身、食事中に正座を癖があるのですが、妻からはいつも「ピョナゲ アンジュセヨ(楽に座って下さい)」と注意されることが多いです。

ですから、食事の際、男性はあぐらをして、女性片膝を立てるか、足を横に流して座るのが一般的です。

スプーンと箸の置き方が違う


韓国では、スプーン(スッカラ)や箸(チョッカラ)をテーブルに置く際、縦に置きます

日本では、横に置くのがマナーなので、これも日本とは逆ですよね。

また、厳密に言えば、食膳の右側に置き、箸が外側、スプーンが内側となります。

食事中に音を立てない

日本では食事中に音を立てるのは行儀が悪いと言われていますが、それは韓国でも同じです。

時々、食事中に「クチャクチャ」と音を立てる人がいますが、相手の人は不快感を覚えるので、控えるようにしましょう。

ちなみに他のサイトでは、韓国では食事中に音を立てても大丈夫と言っている人がいたので、気になって調べてみたのですが、韓国のナムウィキというサイトに以下のような説明がありました。

韓国ではチャプチャプという音は出さない。これは厳然と食事の礼節に反する行動であり、多くの年長者が、「乞食がご飯を食べる音」で浅はかだと話す行動の中の一つです。

乞食がご飯を食べる音というのは、かなりイメージ悪いですね・・・

もちろん、人によって受ける印象は違うかと思いますが、韓国で食事をする際は、音を出さないことをお勧めいたします。

韓国人は混ぜるのが一般的


日本だと、ご飯と汁物があれば、それぞれ別々に取って食べるのが一般的で、混ぜて食べると、行儀が悪いと思われることが多いですよね。

しかし、韓国では、ご飯と汁物は、混ぜて食べることが多いですし、そのように食べてもまったく問題ありません。

以前、私が、韓国の延世大学の語学院に通っていた時、食堂に行くと、美しく装った若い女性達が、ご飯と汁物を思いっ切り混ぜて食べていたので、ちょっとしたカルチャーショックを受けました。

ただ、その一方で、韓国には混ぜる文化が一般化しているせいか、韓国の人がご飯を混ぜると、実に美味しそうに見えることが多いです^^

年上の人と食事をする場合

もし、年上の人と食事をする場合、気を付けるべきことは、年上の人が最初に食べ始めてから、自分も食べるということです。

韓国は、やはり儒教社会なので、年長者よりも先に食べるべきではありません。

また、食事中は、年上の方が食べているスピードに合わせて食べるのがマナーとされています。

あと、年上の方の前でお酒を飲む場合、横を向いて飲むのがマナーというのは、有名な話ですよね。

ゲップは厳禁

日本でも食事中にゲップをすることは、あまり好ましくないと思いますが、韓国では、食事中のゲップは厳禁です。

ゲップをしたら、相手の人はすごく不快な思いをする可能性が高いです。

もちろん、生理的にゲップが出てしまうことは、しょうがないことだと思います。

ただ、そういった時も、手で口を隠したりすなど、なるべく目立たないようにするのがエチケットです。

まとめ

韓国での食事マナーをまとめると以下のようになります。

  • 茶碗は持たない
  • ご飯は最近は残さない方が喜ばれる傾向がある
  • 女性が片膝を立てるのはOK
  • スプーンと箸は右側に縦に置き、箸が外側
  • 食事中に音は立てない
  • ご飯と汁物を混ぜてもOK
  • 年上の人がいる場合は、年上の人が食べ始めるまで待つ
  • 食事中のゲップは厳禁

こういった最低限のポイントを掴んでおけば、失礼になってしまうことは基本的にないかと思います。

基本的に、、韓国の食事マナーは、昔、両班(ヤンバン)と呼ばれる支配階級の人達が実践していたスタイルから来ていることが多いです。

そういったところから韓国の文化を学んでみるのも面白いかと思います。

あとは、とにかく美味しい食事を楽しんで下さいね^^

合わせて読みたい記事