エギ 韓国語
こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国に住んでいると、エギ(애기)という表現をよく使います。

韓国語での意味は「赤ちゃん」なのですが、赤ちゃんを表現する時は、アギ(아기)とも言ったりします。

ただ、その違いを改めて調べてみると、実は意外な事実が分かって来まして・・・

そこで、今回は、エギを使った表現も含めてお伝えしていきます!

エギの韓国語での意味

エギは韓国語で애기と書きます。

意味は、赤ちゃん、です。

一応、子供という意味合いも含まれますが、あくまでも、“可愛い子供”を表現する時に使います。

普通に子供を表現する時は、아이(アイ)や애(エ)と言います。

エギとアギとの違いは?

韓国語では、赤ちゃんを意味する言葉の中には、エギの他にもアギ(아기)という単語があります。

そこで、エギとアギとの違いを確認するため、韓国語の辞書で調べてみると、

  • エギ(애기)は、アギ(아기)の誤り
  • エギ(애기)は、アギ(아기)の北朝鮮の方言

と書いてあり、私自身も少しショックを受けました。

普段、よく、エギという韓国語をよく使っていたけれど、実は、北朝鮮の方言だったとは・・・

ちなみに、韓国人の妻は、エギが方言だということは知っていましたが、北朝鮮の方言ということまでは、知りませんでした。

ここら辺の話は、韓国人でも知らない人が意外に多いようです^^

アガとの違いは?

ちなみに、赤ちゃんを意味する韓国語として、もう一つ、アガ(아가)という表現があります。

アギ(아기)もアガ(아가)も基本的に同じ意味ですが、使い方が少し異なります。

客観的に赤ちゃんを呼ぶ時は、アギ(아기)を使いますが、実際に赤ちゃんを呼ぶ時は、アガ(아가)と言います。

それでもエギはよく使う

しかし、いくらエギ(애기)は間違った表現だと言われても、韓国では、エギという表現がよく使われているので・・・

例えば、こんな感じです。

ウリエギ

ウリエギは、韓国語で우리애기と書きますが、直訳したら「私達の赤ちゃん」です。

ただ、ウリエギは、赤ちゃんだけでなく、可愛い存在に対してもよく使います

  • 自分の子供を愛情を込めて呼びたい時
  • 自分が飼っている犬や猫を呼ぶ時
  • おじいちゃん、おばあちゃんが自分の孫や息子のお嫁さんのことを呼ぶ時
  • 恋人を呼ぶ時

ちなみに、エギではなく、アギを使って、ウリアギ(우리아기)ということも出来ますが、この場合は、本当の赤ちゃんを呼ぶ時に限定されることが多いです

そういった意味で、韓国でより多く使われているのは、アギよりもエギの方なんですけねえ^^

ヌグエギ

ヌグエギは、韓国語で、“누구애기”と書きますが、「誰の赤ちゃん(子供)」という意味です。

デパートなどで、可愛い子供が、チョコチョコと一人で歩いている時は、「누구애기야?(ヌグエギヤ?)」と言ったりします。

エギヤ?

誰かが、赤ちゃんみたいな幼い行動をしている時、「애기야?(エギヤ?)」と言ったりします。

ここでの意味は「赤ちゃんかよ」って感じです。

まとめ

エギという韓国語は、「赤ちゃん」という意味で、よく使われますが、実は、間違った表現となります。

そういった意味では、韓国語を学ぶ上で、必要のない言葉なのかもしれません・・・

ただ、実際の生活では、本当によく使うので、ご参考にして頂けますと幸いです^^

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事