こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国ドラマを見ていると、サブウェイがやたら出て来ると思いませんか?

そんなシーンを何度も見ている内に「サブウェイ食べたい・・・」と思ったあなた!

見事、サブウェイの戦略にハマっています^^

実は、これは間接広告といって、韓国ドラマでは広く使われている手法なんです。

韓国ドラマの間接広告とは?

韓国ドラマは、一度、放送が始まると、ドラマが終わるまでほとんどCMを入れないのが基本的な流れです。

途中でCMを入れると、韓国の視聴者からものすごいクレームが来るからじゃないかと、いろいろ諸説はあるようですが・・・

なので、スポンサーがCMを出す場合は、ドラマが始まる前にまとめて流してしまいます。

でも、そういったやり方だと効果は薄くなってしまうと思います。

そこで、韓国のスポンサーがよく使うのが、間接広告です。

間接広告とは、ドラマの登場人物が使うものや食べるもの、そして関わるところにスポンサーが宣伝したいものを出していくという手法です。

間接広告の例

では、どんなものが間接広告として使われるのか具体例を紹介していきます。

定番のサブウェイ

関節広告の代表格と言えば、やはりサブウェイではないでしょうか。

韓国で大ヒットしたドラマ、トッケビ(鬼)でも、みんなよくサブウェイで食事していました。

また、他のドラマでも、登場人物が、サンドイッチを美味しそうに食べるのを見た人も多いのではないのでしょうか?

先日、ご紹介した韓国ドラマ「知ってるワイフ」でもチソンがガブリ!

ちなみにサブウェイは、野菜もたっぷりで具だくさんなので私も大好きです!

多分、韓国ドラマの影響は受けていないと思うのですが・・・

焼肉にザイグル!

例えば、韓国の週末ドラマで、必ず出て来るのが焼肉のシーンです。

「今日は、焼肉ですよ~」という感じで、家族みんなが集まって来るのですが、そこでは、ザイグルという韓国メーカーの最新式赤外線ロースターを確認することが出来ます

日本だと、昔、サザエさんに、東芝の最新の冷蔵庫が使われていたと思うのですが、それの韓国版みたいなものでしょうか。

一応、我が家でもザイグルは購入して、愛用しています。

ザイグルは韓国の不思議な電化製品←旧式ザイグル・・・

ただ、最新のものはどんどん形も変わって来ているので、最近は、ザイグルが出てくる度に、少し淋しくも感じています。

韓国の清涼飲料水TORETA

TORETAというのは韓国の清涼飲料水ですが、こちらも韓国ドラマではよく出て来ます。

TORETAは、韓国では、ポカリスウェットより、少し安く販売されています

味はポカリよりも少し落ちるかもしれませんが、それでも気軽に飲める清涼飲料水という感じです。

思い出の味、バナナウユ

最近、韓国で始まった韓国ドラマ、「たった一人の私の味方(하나뿐인 내편)」では、主人公の一人であるドラン(ユイ)が子供の頃から大好きだったのがバナナウユという設定になっています。

やっぱり主人公が本当に美味しそうにバナナウユを飲んでいると、飲みたくなっちゃいますよね(笑)

かくいう私も、日本にいた頃は、バナナウユが無性に飲みたくてたまらなかったですし、今でもバナナウユを飲むと、なぜか心が落ち着きます^^

バナナウユ(牛乳)は、韓国のロングセラー飲料!

ドラマに出てくる企業にも注目

日本のドラマだと、登場人物が働く会社は、架空の会社が多いと思うのですが、韓国ドラマでは実在の会社がよく出て来ます。

「たった一人の私の味方」でも、ドランと恋をするデリュク(イ・ジャンウ)が働いている会社のブランドは、ポンジュク(본죽・本粥)というおかゆのレストランのブランドとなっています。

実在の会社のブランドが出て来たら、ドラマの中では悪く表現できないですよね~^^;

ファッションで宣伝するドラマの出演者

よく「○○のドラマで、あの芸能人が使っていたバックやアクセサリーはこちらです」という感じで、商品を宣伝しているのを見かけた人もいるかと思います。

例えば、「キム秘書がなぜそうか?」というこれも韓国でかなり人気があったドラマなのですが、そこでヒロインのキム・ミソ(パク・ミニョン)のファッションが話題になったりもしました

ちなみに、キム・ミソが使っていたバックは、JoyGrysonという韓国では最近人気が高まっているブランドのバッグです。

もしかしたら、こういったファッション関係のものもスポンサー契約を結んでいるのかもしれないですね。

韓国ドラマのスポンサーは結構必死!?

ちなみに、韓国のテレビでは、逆にスポンサー契約と関係のない商品のロゴなどは執拗に隠します

韓国のテレビ&広告事情~番組内でひたすら隠されるもの

しかし、その一方で、スポンサー契約をしている商品に関しては、「ちょっとやり過ぎなんじゃないの?」と思う時があるぐらい、バンバンアピールして来ます

多分、韓国ドラマのロケの現場では、

「この商品は、大切なスポンサーさんのものだから、はい、もっと美味しそうに食べて~」

「あっ、そこは、もっと商品が目立つように持ってくれなきゃダメだよ~」

という会話が飛び交っているのかもしれませんね。

また、最近の韓国ドラマでは、1回の放送で2話に分けるケースが増えて来ました

最初は、何でそんな面倒くさいことをするのかなと思っていましたが、その間には1分間ぐらいのCMが入って来たので、スポンサーからの要望があったのだろうなあと理解しています。

最近、韓国では、ケーブルテレビの普及でチャンネル数が増え、主要なテレビ局の視聴率も落ちて来ているという話も聞いたりしています。

そういった中で少しでもCMの効果を上げるために韓国ドラマのスポンサーも必死なのかなと感じています。

そんなスポンサーの思惑を考えがら、韓国ドラマを見ると、また違った視点で楽しめるかもしれません。

逆に、純粋に韓国ドラマを楽しめなくなってしまったら、申し訳ないですけど・・・

合わせて読みたい記事