韓国の犬の種類は色々!服を来たペット犬から食用まで・・・


“韓国と犬”と聞くと、「韓国は犬料理を食べるんでしょ・・・」というイメージを持つ方もいらっしゃるかと思います。

まあ、それはそれで事実なんですけど・・・

ただ、韓国では日本のように服を着せるペット犬などもたくさんいますので、今回は韓国に住みながら感じる犬事情についてお伝えしていきます。

韓国のペット犬

最近、我が家の近くにスターフィールドという巨大なショッピングモールが出来たので、時々行くのですが、そこへ行くと、たくさんのペット犬を見かけます。

実は、スターフィールドは、犬を連れて来てもOKとなっているので、そこへ行くと、とにかくたくさんのペット犬を見かけます。

娘の友達の中には、スターフィールドはたくさんの犬がいるので、行くのを嫌がる子がいるぐらいです^^;

また、ソウルには、犬の公園というのものあります。

例えば、ソウルのワールドカップ競技場駅の近くにある公園では、服を着た犬がたくさん元気に走り回っています。

こういった光景を見ると、犬を愛する文化は日本も韓国もそんなに変わらないのかなあと思います。

韓国のペット犬の名前は?

ちなみに、韓国でペットとして飼われている犬はどんな名前を付けてもらっているのでしょうか?

「犬を飼っている友達はクラスにたくさんいるよ」という小六の娘に聞いたところ、

  • ヒマン:韓国語で”希望”という意味
  • ヘッピー:”HAPPY”の韓国語読みです。
  • ポミ、ヨミ:ここでの”ミ”は”美”なんだそうです。

という名前が出て来ました。

やっぱり、日本での名前の付け方とはちょっと違いますかね^^;

放し飼いの犬

ただ、私が住んでいるソウルのヨンシンネでは、放し飼いの犬も時々見かけます。

放し飼いにされているのか、あるいは本当は野良犬なのか、分かりませんが、ちょっと寂しそうな様子で、道をとぼとぼと歩いています。

一応、こういった犬はみんな大人しいので、近くにいても平気なのですが、逆にちょっと可哀想な気もしてきます。

食用犬の種類

そして、最後にご紹介するのは、食用犬です。

犬食の料理を韓国では、ポシンタン(보신탕・補身湯)と言いますが、我が家の近くにもポシンタンのお店があります。

さすがに私は怖くて行けないですけど、一応、ポジンタンを食べると、ものすごく元気が出て、若返りの効果があるのだそうです。

ちなみに、韓国で犬を食べると行っても、どんな犬でも片っ端から食べる訳ではなく、食用犬の種類は決まっています

  • ヌロンニ(누렁이):茶色の犬
  • パドゥギ(바둑이):白黒の犬

写真を載せようかと思ったのですが、「この犬も食べられちゃうのかな・・・」と思うと胸が痛むのでやめました。

犬は感嘆詞!?

犬の話が出たついでに、韓国語では犬のことを개(ケ)と読んだりするのですが、実は、この言葉、”ものすごく”という感じで、感嘆詞のように使われることがあります

例えば、私の娘が大好きなおそ松さんのグッズをもらうと、「ケーキヨウォー(超可愛いい~)」と絶叫します^^;

また、韓国には、こんなノートもあります。

ケチョア・・・、つまり「すごくいいなあ・・・」という意味です。

韓国の犬の運命は千差万別

韓国では、もちろん、犬料理で使われてしまう犬もいます。

ただ、その一方で、韓国には、服まで着せてもらいながら、”ケチョア・・・”と感じているようなペット犬もいます。

食用犬として食べられるか、あるいはペット犬として愛されるか、立場によって犬の運命は大きく変わってしまいます。

実際、韓国にはいろいろな犬がいるんですよ~ということをお伝えしたくて、今回は記事を書いてみました。

韓国の犬は、本当に千差万別です!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

10 Responses to “韓国の犬の種類は色々!服を来たペット犬から食用まで・・・”

  1. Meg より:

    昔は猫が嫌われていたと言う話を聞いた事がありますが、今も犬が人気ですか?
    でも悪口に犬〇〇とかあっても猫○○とかないような?
    何故でしょう~?
    犬食文化は・・まぁそれぞれの国の食文化なので何とも言えませんが、一度市場でいきなり遭遇した時はさすがにぎょっとしました。結構高額なのでは?と思いました。
    以前現地の方に聞いた話では大病をした後に滋養のために食べなさいと医師が勧めると言われてました。
    以前韓国女性から、とても言い表せないくらい肉の中で一番美味しいと聞いた事もあります。
    でも・・さすがに試す勇気は無いですが(^^♪

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      犬の肉は周りの人からも勧められたりはするのですが、やはりちょっと・・・という感じです^^;
      あと、確かにそう言われてみれば、娘の友達の中で猫を飼っている人はいません。
      一応、私が住んでいるソウル・ヨンシンネの街には、猫カフェが2件ほどあるので、猫が好きな人もそれなりにいるとは思うのですが^^

  2. たく より:

    食文化はしょうがない。
    慣れ親しんでないものを食べろと言われても辛い。
    オーストラリアでは、カンガルーの肉が供されましたが
    食べませんでした。
    済州島の市場にも連れられて行きましたが、
    かわいいワンちゃんが売られていました。
    今思うと、食用犬です。
    ペットかと思いました。そのときは。

    • ケン より:

      たくさん

      コメントありがとうございます。
      確かに、そうですよね~^^;
      一応、食用犬はみんな食べられてしまう訳ではなく、ペットとして飼っている人もいるそうです。
      良いご主人様に会えるといいなって思います。

  3. cda より:

    なんであんなに犬肉批判されなきゃいかんのかと思います。

    日本でも昔話には、わるさをするキツネタヌキはキツネ汁、タヌキ汁と相場が決まっていましたね。
    今はしませんが、それをおかしいと批判するのは筋違いです。

    食べない文化の人間が、食べる文化を批判するのはおかしいです。犬を食べますかと聞かれたら、いいえて言いますが。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      確かに日本もイルカとかクジラの件で、いろいろ叩かれますけど、やっぱりその国にはその国の文化がありますからね~

  4. ムクゲ より:

    最近、犬料理は韓国の若者達はよく食べない料理です。たいていおじさん達が食べますね。

    • ケン より:

      ムクゲさん

      コメントありがとうございます。
      最近はキムチを食べない若者も増えているという話を聞くこともありますから、ここら辺は時代の流れかなって思います。

  5. Ami より:

    この記事を始めて読んだ時にも、コメントをしようかどうか迷ったのですが、一度コメントをしたら平気になった?のか、ここにもこっそりんこコメントします。
    誰もこんなことを書いていないし、ケンさん自身も『怖くて行けない』と書いているのでアレなのですが……私は、보신탕を食べました。南大門で1回仁川で1回、合計2回食べました。日本人でしかも女性が食べるのは珍しいのか、どちらのお店でもちょっとした騒ぎになりました(・_・; 驚かれて、質問責めにあいました。
    私は、お店の扉を開く時点で、たとえどんなものだったとしても完食する! と、覚悟を決めて行きました。それが、犬食文化に対する敬意だと思ったからです。
    結果、私は、2回とも完食しました。無理矢理頑張ってじゃなくて、私のお口には合うのか柔らかくプルプルしていて美味しく頂きました。完食した私を見て、お店の方も喜んでくださいました。
    私の調査によると大林あたりにお店が多いので、次は大林に行こうと思っていたのですが、恩平区にもあるのですね。私は、ある日突然恩平区に降り立って보신탕をペロリと食べるかもしれません。

    • ケン より:

      Amiさん

      コメントありがとうございます。
      すごい!ポシンタン完食されたのですね。
      ポシンタンは、抵抗を感じる人も多いですが、疲れている時に食べるとモリモリ元気になるそうなので^^
      ポシンタンのお店は、小さいところなら、いろいろなところにあるかと思います。
      Amiさんのヨンシンネ降臨の日をお待ちしております^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ