韓国人はうるさい人&火病が多い!?僕の心は段々と・・・

スポンサードリンク

私が住んでいる家は、ソウルのヨンシンネの繁華街から歩いて5分ぐらいのところにあります。

ある時、ヨンシンネに遊びに来て下さった日本人の方から「ヨンシンネは日本の下北沢みたいなところですね~」と言われたことがあります。

ヨンシンネは、明洞のレベルまではいかなくても、非常に賑やかな街ですし、夜遅くまで煌々と明かりがついています。

でも、5分ほど南に歩いていけば、そこは静かな住宅街になります。

こんな便利なところに住むことが出来て、幸せだなあと思っているのですが、実は、一つ韓国ならではの問題があるのです

韓国人はうるさい人が多い!?

その問題は何かというと・・・

夜遅くになっても、ヨンシンネの繁華街から、大声を出しながら歩いてくる人達がいっぱいいるということです。

まあ、ヨンシンネは眠らない街なので・・・

冬は窓を閉めるので、問題ないのですが、夏に窓を開けると、夜中を11時を過ぎても、次々とうるさい人達がやって来ます。

最初は、「皆、お酒で酔っ払っているのかなあ」と思ったりもしていたのですが、話す内容を聞いてみると、必ずしも皆がそういう訳ではないようです。

日本だったら「何時だと思ってんだよ~。うるさいぞ~。」と誰かが注意しそうなものなのですが、韓国では、こんな時、誰かがうるさいからといって、注意することはほとんどありません

ちなみに少し話がそれますが、先日、深夜にものすごい車のアイドリングの音がずっと響き渡っている時がありました。

そして、「誰じゃい、うるさいなあ~」と思って、窓からのぞいてみたら、宅急便のおじさんでした。

夜遅くまで配達をしていたようなのです。

ドライバーさん、深夜のお勤め、ご苦労様ですm(__)m

隣の家の火病(フャピョン)おばさん

実は、私が住んでいるアパートの向かい隣りには、火病(フャピョン)おばさんがいます

火病(フャピョン)とは、ものすごい形相で怒りをぶちまける精神疾患で、韓国には火病の人が多いという話もあります。

最初は、びっくりしましたが、最近は段々慣れて来て、火病おばさんが騒ぎ始めると、

「またまた始まった~」

少し楽しむぐらいの気持ちで、叫び声を聞くようにしています

ちなみに先日は、火病おばさんが、あるトラックの運転手と口論になり、火病おばさんの家族まで出て来て、どんどん言い争いがエスカレートしてきました。

そして、しばらくすると「ウィ~ン」という音と共にパトカーがやって来て事態を収拾

お巡りさん、お勤め、ご苦労様ですm(__)m

そして僕は・・・

そんな賑やかな韓国の人達を見ていると、自分もそれにつられて切れやすい性格になるのかなあと最初は思っていたのですが・・・

なぜか心は段々と穏やかになって来ています

確かに最初は、「そして僕は途方に暮れる」という時期もありましたが、その段階は通り越して、慣れて来ました^^;

最初は、びっくりしましたが、こういう環境の中にずっといると人間って環境に順応してくるみたいです。

うるさい人達や火病の人達がいると、ものすごく冷静になって、客観的に見ている自分がいます。

(ただ、同じ職場にこういう人がいると、かなりキツイと思います。。。

幸い、私は韓国にいながら日本の会社で仕事が出来ているので、それが韓国生活がうまくいっている秘訣かなと感じたりもしています。)

韓国人は確かにうるさい人や火病の人が多いのかもしれません。

でも、逆の見方をすれば、自由に自分の感情を出すことが出来る寛容な社会なのかもしれません

海外移住生活をしていると世界観が広がるなあと感じる今日この頃です^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

韓国の1+1(ワンプラスワン)や2+1が多い理由は?... 韓国に住んでいると1+1(ワンプラスワン)という言葉をスーパーやコンビニなどでよく見かけます。 1プラス1の意味は「2個買ったら安くしますよ」ということに...
韓国のゴミ事情~分別方法から粗大ゴミエピソードまで... 韓国のゴミの分別や捨て方の方法は、日本に比べるとかなり違うところが多いです。 今回は、そんな韓国のゴミ事情についてお伝えしていきます! 韓国のゴミの種類...
韓国の新品テレビを76%割引で買えた理由... 我が家のテレビが先日、遂に故障して、まともに見られない状態となってしまいました。 元々中古品ではあったのですが、半地下という湿気の多い環境に住んでいたから...
ソウルの子供たちは夜遊びがお好き 「ちょっと、公園に行って遊んでくるねえ」 と言いながら、子供たちが出かけるのは、よくある風景ですが、これが、夜遅くになってくると話は違ってきます。 ...
韓国の宅配業者はかなりいい加減な理由... 韓国の宅配業者はいい加減 ある日、家にいると、ピンポーンと呼び出し音が鳴りました。 インタホーンに出ると、「宅配でーす」との声がします。 ドアを開...
次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

17 Responses to “韓国人はうるさい人&火病が多い!?僕の心は段々と・・・”

  1. quazm より:

    ケンさんの人柄がよすぎるので、ケンさんの意見としてはそうなのでしょうね。(^^)
    私は、知り合いで在韓歴が長い日本人もかなりいるのですが、みなさん単に「うるさい」という感想しかないですし、順応しているわけでもないですね。(^^;;
    あと、在韓の欧米の方々も日本人が言っていることと同じことを言っているので、日本人だけではないようです。もうちょい言うと、海外在住歴の長い韓国の方々も。
    ダメなところはきちんとダメととらえて、言うほうがいいとは思いますけどね。

    >自由に自分の感情を出すことが出来る寛容な社会

    すみません、これは私個人的にはまったく賛同できないです。(^^;;
    良い言い方をするとそうかもしれませんが、どちらかというと「自分勝手」な面が多いという前提での「自由に自分の感情を出す」かなと。
    韓国企業にいると、そういう場面が多いので…

    • ケン より:

      quazmさん

      コメントありがとうございます。
      quazmさんは、まさに韓国企業で働いていらっしゃるので、本当に大変だと思います。
      正直、そんな環境で働いていらっしゃるquazmさんを心から尊敬します!
      私自身、日本の会社で仕事をしているので、結構、呑気なことを言っていられるのだと自覚しています。
      ただ、ブログであまり悪口ばかりを書きたくないというのも正直な本音です。
      (だったら、こんなテーマで記事書くなよという話になるかもしれませんが・・・)
      私はブログの中で、見たこと聞いたことは客観的に書くよう心掛けています。
      別に、韓国の闇みたいな部分を隠して、韓国を礼賛するつもりはありません。
      でも、そういった韓国の負と思える部分に対しても、出来るだけポジティブに捉えたり、笑い話風に変えたりするよう努力しています。
      そうしないと、ネガティブな感情が、さらにネガティブな感情を生み、韓国生活が苦しくなって生きていけなくなってしまうと思うからです。
      実際、同じテーマでブログを書いている人は、100人中99人が韓国についてダメ出しをしていると思います。
      ただ、人の考え方や捉え方はいろいろあるので、「こんな人もいるんだなあ」と暖かく見守って頂けるとありがたいです^^

  2. きよきよ より:

    こんにちは。

    ヨンシンネという街も面白そうなところですね。笑

    私の韓国旅行で実際にこの目で見た経験ですが、、、

    プサンのトンネ(釜山の旧温泉街)の市場通りをうろついていた時、

    バス停にバスが止まり、そのバスから下車してきた中年の女性が、同じバスから下車したこれまた中年男性に対して激怒の大声を上げているのが聞こえてきました。

    バスの車内でこの二人になんかあったようでした。

    この二人は見た感じ他人のようでした。

    女性は怒りがおさまらないようで、バス停から脇路地に入っていった男性(たぶんその女性から逃げようとした 笑)を後ろから追いかけて罵声を浴びせ続けていました。

    (私は彼らの後ろをついていったわけです。笑)

    そうしたら!

    その路地の狭い道で女性が男性になぐりかかったんですよ!

    手でなぐり、脚でけとばし、ものすごい剣幕でした。笑

    男性は口で応酬し・・手で顔をカバーして抵抗していましたが、ボコボコにされていました。。。

    私は写真機のシャッターを切りまくっていました。笑

    動画を撮れなかったのが残念でたまりません。笑

    いやあ~~~、あっちの女性はまじで強い(キツイ)!

    まあ、唖然としましたが、ある種、感心しました。

    ケンさんの書かれた火病の女性・・すごく、あるあると思いました。

    火病というのは、たまりにたまりまくった怒りが、最後に爆発する状態のようです。

    ★儒教社会の厳しい上下関係、とりわけ女性の立場は歴史的に見て、我慢の連続の状態に置かれていました。人はこの鬱積をどこかで発散させないと精神のバランスがとれないようです。

    ★韓ドラを見ていて家族の問題が出てくるとき、その時、必ずと言ってよいほど「母親という女性」が問題の真相の根幹をなしている場合が多いです。

    韓国社会について、ん~~~・・・と、考えさせられるところですね。

    • ケン より:

      きよきよさん

      コメントありがとうございます。
      そう言われてみると、私も、朝、ヨンシンネの街を散歩していた時、バス停の近くで、若いカップルがいたのですが、バスに乗り込もうとしている彼氏に対して、彼女がものすごい形相で怒鳴りつけているのを見たことがあります。
      韓国には恨(ハン)の文化があると言われていますが、心のバランスを失うと火病になってしまうのかもしれません。
      やっぱり、たまったストレスは、一気に爆発させないよう、上手に小出ししていく術を身に付けていかないといけないですよね^^;

  3. cda より:

    こんにちは。残暑お見舞い申し上げます。如何お過ごしですか?

    火病であれ短気であれ、キレ易いと言うのは自己節制が出来てないということですね。

    お話後段の部分なんて、日本だったら立派な傷害容疑の案件ですよ。立場のある人がしたなら、社会的信用を失いますよね。

    韓国社会も韓国人一般もまだ成熟していない証左だと思います。韓国人にはそういう事象に寛容になるのではなくて、自分達とは思想や信条や行動様式の全く違う人の存在に寛容になってほしいです。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      ソウルは、まだまだ暑い日が続いていますけど、あともうちょっとの辛抱だと思ってがんばっております^^
      キレる人は、他山の石ですよね~
      日本でも、ちょっと肩が触れただけでキレる人ってよく見かけますし、去年は「このはげ~」と叫ぶ政治家が話題になりましたし^^;
      私も子供たちの行動を見て、必要以上にキレたことは、以前、よくありました。
      なので、そういった人達を見たら、自分自身や自国の改善のために、お勉強させてもらえればいいのかなあと思っています。

    • きよきよ より:

      「お話後段の部分なんて、日本だったら立派な傷害容疑の案件ですよ。立場のある人がしたなら、社会的信用を失いますよね。」

      ・・という、cdaさんという方の書き込みに反応してます。

      たしかに、傷害事件になりうる場面でした。

      が、がですね。

      この場面が、男性が女性に対して暴行を働いていたなら、私も笑って(面白がって・・スミマセン・・カメラのシャッターなど切ってはいなかった)はいなかったと思うのですよ。

      韓国社会の大前提に、儒教的な男性優位の男尊女卑があり、この社会の制度と真逆の状況が「そこ」で展開されていたので、おそらく、笑えたんだと思います。

      女性は強いといいますが、社会の仕組みの中ではやはり弱者です。

      良い意味でも、悪い意味でも、韓国人の表現は「直截」で、自分にはとても分かりやすいです。

      ~~~~その例のひとつですが。。。

      一度、釜山のBIFF広場という場所をうろついていた時、夜の9時ごろでした。

      年齢は80歳を超えているだろうと思われる女性がリヤカーでみかんやサツマイモのかりんとうのような物を載せて商売の店じまいをして帰路をたどっている姿が目に入りました。

      自分は、宿にもって帰るミカンを買おうかなと、その女性のリヤカーに近づいていきました。

      で、ミカンを一袋買いました。

      彼女のお礼の言葉が、「ナド、モッコ、サラヤテジ、コマオ」でした。

      日本語に訳すと・・「私も食べて生きていかないといけません、アリガト」という返事です。

      私は、この「ナド、モッコ、サラヤテジ」という言葉が忘れられません。

      日本で道端でミカンを買っても(日本の我が家の近所には週に2回、季節の果物を道端で売る40代の男性がいます。近所の交番や警察も道交法など見逃しているようです。)、こういう言葉は聞いたことがありません。

      つまり、日本語で言えば、「生活しないといけない」という意味になるんです。

      商売人が「ありがとうございます。」の言葉とともに、「私も生活しなければなりません」とは、まず、フツーな感じで、ごく自然に言葉としては表現は、日本ではしないです。

      韓国語の表現は、とても、具体的だと思いました。

      まじで、直截的です。

      とても、分かりやすいです。

      飾りっけなしです。

      ~~~~~
      上記のバス停の女性も、このミカン売りのオバーチャンも、とても、分かりやすいんです。

      嫌なことをされたら攻撃に出るんです。

      買ってもらって嬉しかったら、そのまんま、まじで、そのまんま!生活に助かると言うんです。

      私は感動しました。

      それでいいんだよ!、とも思いました。

      自分はそういう人が好きです。

      (まあ、でも、暴力はイカンです。はい!)

      • ケン より:

        きよきよさん

        コメントありがとうございます。
        >良い意味でも、悪い意味でも、韓国人の表現は「直截」で、自分にはとても分かりやすいです。
        確かに韓国はそんなところがありますよね!
        あとは、程度の問題なのかなって思います。
        韓国では、程度を超えてしまう女性がニュースでよく報道されています。
        最近だと、大韓航空のナッツ姫の妹やお母さんの暴言や暴行で警察沙汰になっていますし、仁川では園児をフルスイングでビンタした保育士の女性が逮捕されていますし・・・
        程度を超えない範囲であれば、韓国の正直で素直な文化は良いと思います。
        日本は良い意味でも悪い意味でも本音と建前を使い分けますよね。
        私は日本人なので、あまり具体的な話はしたくありませんが^^;

        • きよきよ より:

          ケンさん、コメ有難うございます!^^

          日本人は、「生」「むき出し」の表現は好みません。笑

          それが日本の文化なのですよ。

          で、それでいいのですよ。日本人は。

          世界が皆、韓国人のようでも困ります。

          世界が皆、日本人のようでも困ります。

          実際は、日本社会でも、個人の経済状態は9割の人々がおそらく、

          「ナド、モッコ、サラヤテジ」でしょう。

          (食べて生きて行くために働かなくてはならない。)

          そして、世界中の9割の人類がそういう経済状態でしょうよ。

          それを韓国人は直の表現であらわす。

          日本人はオブラートにつつむ。

          おそらく、両国文化の美意識(気持ちの落ち着きどころ)の違いでしょう?

          それを言っても、言わなくても、状況は同じでスグに変わるわけではありません。笑

          状況が変わろうか変わるまいが韓国人は(他の国の人々も)それを言う。

          状況がそうであっても日本人は(他の国の人々も)それをむき出しでは言わない。

          事に直面したときの態度が違うだけです。

          文化が違うのですから。

  4. Meg より:

    日々の暮らしお疲れ様です。ポジティブに考えないとやっていけませんよね。その心構え尊敬します。
    私は逆に日頃静かな田舎町に住んでいますので、韓国へはエネルギーを頂きに行っています。人々に活気がありますよね。
    市場へ行くと必ず誰か大声で喧嘩していたり、地下鉄でもおじさんがいきなり若者の首を掴んで喧嘩を始めた事もあります。韓国らしいなぁ~と思いながら見ていますが、これは観光客と言うただの傍観者であり、自分事ではないから言える事だと思います。
    自分に火の粉が掛かって来たらきっと耐えられないでしょう。
    一度お店の人に訳も分からず罵声を浴びせられた事がありますが、やっぱり言い返せませんでした。韓国語が分からず良かったなぁとも思いました。
    韓国ではとにかく気が強くないと生きて行けなささそうですよね?ぼやぼやしてたらバスにも乗れない感じ。
    思った事をすぐに態度に出す性格は後腐れなくて良いのかもとも思いますが。訪日韓国人が増えていますが、日本では日本に合わせてマナーを守られていると思います。
    他国を見る事で良い面を取り入れて頂けたらなぁと思います。
    これからの若者は多少は変わって行くのではないでしょうか?
    ところで、昔オーストラリア旅行中、現地女性がいきなり大声を一声出して喧嘩を始めました。街中でしたので、ものの数分で警察に連行されました。韓国でこういう場合は連行されないのでしょうか?

    • ケン より:

      Megさん

      コメントありがとうございます。
      確かに傍から見ると、大丈夫なんでしょうね~
      実際、韓国旅行が大好きで、韓国に住んでみたら、ものすごく大変で途中で日本に帰ってしまったという方もよくいらっしゃいます。
      私は、韓国に住みながらも、ちょっと外れたところにいるので、まだ大丈夫なんだと思います^^
      ちなみに、韓国人でも、海外で暮らした経験を通じて、立ち振る舞いが変わっている人がいるのも事実です。
      そういった意味で、日本と韓国で人の行き来が活発になるのはいいことだと思いますよ。
      あと、韓国で、騒動があった場合、すぐに警察が来ることはないと思います。
      警察に通報があったら動くという感じです。
      ただ、韓国には、到る所に防犯カメラが設置されているので、悪いことをしたら、後でばれる確率は非常に高いです。
      韓国の治安は防犯カメラで維持されている部分が結構あります。

      • Meg より:

        すみません愚問でした。ソウルに行くと英語を喋る韓国人に接する機会が結構あります。その方達は皆さんアメリカンナイズされていて、立ち振る舞いが他の韓国人の方達と違います。留学経験とか年齢は関係なく。
        そういう他国を知る人がもっと増えたら違って来るかもしれませんね。
        以前韓国人の知り合いに、怒りやすい人が多いのは、唐辛子のせいか聞いてみた事があります。
        そうすると唐辛子ではなく、にんにくのせいだとの事でした。
        調べてみるとにんにくの大量摂取は怒りや欲を増幅させるので、昔は僧侶は食べてはいけなかったとか。
        確か韓国では今も僧侶は食べてませんよね?
        何かしら科学的根拠があるのかもしれませんね。

        • ケン より:

          Megさん

          コメントありがとうございます。
          私の調べた限りでは、にんにくのせいではないと思います。
          ちなみに私も、最近、毎食後ににんにくをペーストにしたものを摂取していますが、性格は穏やかなままです^^
          韓国の人は、思い込みで決めつける人が多いので、あまり鵜呑みにしない方がいいですよ。
          韓国のお店や銀行、そして役所などで、「こうですよ!」とはっきり断定された後、実は違っていたということはしょっちゅうですから^^;

  5. マザー より:

    今日のテーマとはちょっと関係無いのですが
    「そして僕は、途方に暮れる」に反応してしまいました。
    そんな歌がありましたね!
    大沢誉志幸!!
    (それとも、偶然に同じフレーズになったのかな?)

    • ケン より:

      マザーさん

      コメントありがとうございます。
      大沢誉志幸、もちろん狙ってましたよ!
      私、遊び心で言葉を仕組むのが基本的に大好きなので、時々やっています。
      こういうのって、年がバレちゃうんですけど、気付いて頂いて光栄です^^

  6. ムクゲ より:

    一応、私の考えを申し上げますと地形的な影響が一番大きかったようです。

    インターネット上で西欧圏の人々は韓国人とイタリア人、日本人と英国人が似ている国民性を持っていると話しています。
    韓国とイタリアは半島、日本と英国は島の国なんて共通点があります。
    “遠い国隣の国(韓国編)”という学習漫画本では島の国の人たちは”島”という制限された空間のせいに構成員間の衝突を避けるため、直接的な感情表現を自制したと書かれています。
    そんな雰囲気の社会でいた後、韓国社会で生きているながら、異質感が感じられるのは当然なのかもしれません。

    一例として、エマワトソンがTVトークショーでイギリスの男性と米男子の違いについて述べた動画があります。
    イギリスの男性たちは好きな女がいても積極的に近づいてしようとしなかったが、米国男たちは積極的に近付いてしようとしたそうです。

    参考になりましたらいいです。

    • ケン より:

      ムクゲさん

      コメントありがとうございます。
      なるほど~
      世の中には、地政学という学問もあるぐらいですから、地形や場所的なものが国民性に与える影響は大きいのかもしれませんね。
      島国文化、半島文化、大陸文化の違いをいろいろチェックしてみると、面白いことが分かってくるかもです^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ