韓国のチキン事情@我が家の人気ブランドは?

スポンサードリンク

韓国人はチキンが大好き

我が家の子供達は定期的にあるものを食べたいと強く主張してきます。

それはチキンです。

「ねえ、チキン食べたいんだけど・・・」

「チキン注文してよ~」

「僕がお金払うからチキン注文して!」

結構うるさいです(笑)

子供達は2~3週間ぐらいチキンを食べない期間が続くと、チキンが食べたくて食べたくてしょうがなくなってくるそうです。

ということで、我が家は1ヶ月に1~2回はチキンを注文しているという感じです。

ただ、このペースは他の韓国人に比べると非常に少ないのだそうです。

普通の韓国人は1週間に1度はチキンを注文して食べるとのこと。

どんだけチキンが好きなんじゃいという感じですよね~

スポンサード リンク

韓国チキンのオススメは?

ちなみに我が家がいつも注文しているのは、네네치킨(ネーネーチキン)のチキンです。

img_6286

これだけで2万ウォン(約2,000円)と少し高めですが、特にチーズ味のチキンがおいしいのでよく注文しています。

ちなみに我が家では長男と次男が辛い物が大好きなのでヤンニョンチキンという辛味のソースで絡めたチキンチーズの粉をたっぷり振りかけたチーズチキンをハーフ&ハーフで注文するのが一般的です。

あとは、オリーブオイルを使ったBBQのチキンとか、女優のチョン・ジヒョンがイメージキャラクターになっているBHCとかが有名です。

img_6290

ただ、我が家ではネーネーチキンがイチオシです^^

またチキン屋さんは、店舗があってそこで食べるというケースもありますが、基本的には配達をしてもらって食べるのが一般的です。

我が家でも夕方4時頃、子供達の小腹がすいてきた時に一本電話をして配達をしてもらいムシャムシャ食べるというのがいつものパターンです。

チキン屋さんは儲かる?

実際、韓国の街には、チキン屋さんが到る所にあります

韓国でのチキンに対する需要はムチャクチャ高いので、チキン屋さんは結構儲かっているのかもしれません。

一応、妻の話では、50歳を過ぎたぐらいにリストラされた人が他の仕事に就くのも難しいので、一念発起して退職金などを使ってチキン屋を始めるというパターンが多いのだそうです。

ちなみにチキン屋を始めるのに必要な資金の相場は、5,000万ウォン(約500万円)ぐらいだと言われています。

ただ、時々、チキン屋をやっている人を取材したテレビを見たことがありますが、夜遅くまで出前の注文に対応したりして、かなり大変そうな印象を受けました。

(もちろん、朝からチキンを食べる人はさすがにいないので、午前中は比較的休めるのかもしれませんが・・・)

そんな感じで我が家の子供達は、すっかりチキン中毒(!?)になってしまったのですが、チキンは韓国の食文化の象徴でもあるので、韓国に来られた際は、是非、おいしいチキンを食べていって下さい!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

8 Responses to “韓国のチキン事情@我が家の人気ブランドは?”

  1. ひょの より:

    うちはキョチョンチキンが定番です。カンジャンチキンで手羽元です。

    味はとてもいいのですが、普通のチキンよりも量が少ないのが玉に瑕です。

    • ケン より:

      ひょのさん

      コメントありがとうございます!
      手羽元いいですね~
      ちなみに私は皮の部分が大好きです^^
      チキン関係で少し話がずれますが、
      韓国でもおいしい焼き鳥を食べられる時代が
      来ればいいなあと思っています!

      • ひょの より:

        新村に日本式の焼き鳥屋さんがあるようです。

        一緒に行きたいですね。

        • ケン より:

          韓国でもたこ焼き屋さんならよく見かけるのですが、
          焼き鳥屋さんとは珍しいですね~

          日本の人がやっていればうれしいのですが、
          韓国の人がやっているとちょっと不安です^^;

  2. より:

    初めまして。いきなりの投稿失礼致します。
    私は、留学中からずっと付き合っている彼女がおり、3年半後から移住も考えています。
    お仕事はどうされていますか??

    • ケン より:

      Kさんへ

      私はネットを使う仕事を日本語環境で行っています。
      40代になってから移住したので韓国の会社で働くのはあきらめました。
      幸いなことに、今はインターネットを通じて、海外にいても日本語を使って出来る仕事は増えて来ているので、そういった仕事を探してみるのも一つの方法かと思います。
      でもKさんはまだお若いので今からでも韓国の会社で働くことは可能かもしれませんね。
      ただ、韓国で働く場合はF6ビザ(結婚移民)などのビザが必要になってきますので、ご結婚された上で仕事を探される必要がありあます。
      国際結婚は大変なことも多いですが、刺激的で楽しいことも多いのでがんばって下さい!

  3. より:

    お返事有難うございます。
    実は、ほぼ毎月韓国には行っているのですが、次は12月に行きます。
    お時間が合えば、お会いすることは、可能でしょうか??

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ