韓国語 イモ

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語では、母方の姉妹を呼ぶ時、“이모(イモ)”という表現を使います。

ただ、この表現は、そういった韓国人の親戚がいる方だけでなく、旅行先で覚えておいても非常に便利な表現です。

ここでは、「イモ」の意味や、似た表現である「コモ」との違い、そして旅行先の食堂でおばさんを呼ぶ時のコツについて解説をしていきます。

韓国語「イモ」の意味

「イモ」は韓国語で、“이모”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
이모 イモ 叔母、叔母、母の姉妹、おばさん

“이모(イモ)”は、基本的には、叔母、つまり母の姉妹を指す時に使う表現です。

日本語の場合は、

  • 父母の姉:伯母
  • 父母の妹:叔母

という感じで使い分けていますが、韓国語では、母の姉と妹を総称して、“이모(イモ)”と呼ぶところが違いますよね。

また、“이모(イモ)”は、

  • 食堂のおばさん
  • 屋台のおばさん
  • 民泊のおかみさん
  • ベビーシッターのおばさん
  • 母の友人

などを呼ぶ時にも使えます。

この点に関しては、記事の後半でじっくり解説をしていきます!

イモとコモとの違い

“이모(イモ)”と似た表現として、“고모(コモ)”があります。

ハングル カタカナ 意味
고모 コモ 伯母、叔母、父の姉妹

“이모(イモ)”と“고모(コモ)”の違いは、母の姉妹か、父の姉妹かという点です。

ちなみに、母の兄弟や父の兄弟はどうなるか気になる方もいらっしゃるかと思いますが、

  • 母の兄弟:외삼촌(ウェサムチョン)
  • 父の兄:큰 아버지(クナボジ)
  • 父の弟:작은 아버지(チャグナボジ)

という呼称になります。

韓国の親戚の呼称は、本当に多岐に渡るので、ドラマで出て来た時に、一つずつ覚えていくぐらいがちょうど良いのかもしれませんね^^

韓国語で「おばさん」を呼ぶ時のコツ

私自身、時々、「おばさんを失礼にならないように呼ぶにはどう言ったら良いですか」という質問を受ける時があります。

おばさんは、基本的には、“아줌마”と言いますよね。

ハングル カタカナ 意味
아줌마 アジュンマ おばさん

ただ、“아줌마(アジュンマ)”と呼んだら、相手が気分を害するのではないかと心配する方もいらっしゃいます

もし、年齢が若ければ、“아가씨(アガシ)”と呼ぶことも出来ますが、年齢的に、そう呼ぶのが難しい時もあるでしょう。

イモと呼ぶのが無難

そんな時に便利な呼び方が、“이모(イモ)”です。

食堂などで、“이모(イモ)”と呼ぶ時は、このように発音してみましょう。

“이모(イモ)”は、食堂や屋台などで働くおばさんを親しみを込めて、かつ失礼のないように呼ぶ時に便利な呼称です

ハングル 이모~ 주문 할게요.
カタカナ イモ~ チュムン ハルケヨ。
日本語訳 おばさん、注文します。
ハングル 이모~ 반찬 좀 주세요.
カタカナ イモ~ パンチャン チョム ジュセヨ。
日本語訳 おばあさん、おかずをちょっとください。

また、尊敬の気持ちを込めて、呼びたい時は、

ハングル カタカナ 意味
이모님 イモニム おばさま

と呼んでも良いでしょう。

もちろん、食堂の女性の店長さんを呼ぶ時は、

ハングル カタカナ 意味
사장님 サジャンニム 社長

という表現を使う時もあります。

あるいは、「あの~」とか「すみません」という表現に変えて、“저기요(チョギヨ)”や“여기요(ヨギヨ)”を使うこともできます。

ただ、親しみを込めて呼びたい時は、“이모(イモ)”や“이모님(イモニム)”を使うと良いでしょう。

イモの代わりにオンニやヌナと呼ぶ場合

“이모(イモ)”は、食堂のおばさんなどを親しみを込めて呼ぶ時に使う表現ですが、相手が、おばさんというには、ちょっと若いかなという時もあるかと思います。

そういった時は、「お姉さん」という意味の“언니(オンニ)”や“누나(ヌナ)”を使いましょう

ちなみに、“이모(イモ)”は、男性と女性、どちらが呼ぶ時でも使える表現ですが、“언니(オンニ)”や“누나(ヌナ)”に関しては、呼ぶ人が女性か男性かによって変わりますので、ご注意ください。

なぜコモとは呼ばないのか?

ここで、ちょっと素朴な質問を一つ。

食堂などでおばさんを呼ぶ時、なぜ、“이모(イモ)”とは言うけれども、“고모(コモ)”とは言わないのでしょうか

この点に関しては、様々な意見があるようですが、「食堂ではイモニムの代わりにコモニムを使う人はなぜいないのか(韓国語)」という記事での意見をまとめると、以下のような点が挙げられます。

  • “이모(イモ)”はお母さんを助けてくれて、“고모(コモ)”はお母さんをこき使うイメージがある
  • 韓国人から見ると、“고모(コモ)”より“이모(イモ)”の方が親しみやすいイメージがある

また、ベビーシッターも、基本的には“이모(イモ)”と呼びますが、適切な距離感を持たせたい時は、敢えて、“고모(コモ)”と呼ばせることもあるそうです。

“고모(コモ)”の立場としては、ちょっと寂しいかもしれませんが、世間的なイメージがそうなっているので、ある意味、しょうがないですよね。

まとめ

“이모(イモ)”は、基本的には、母の姉妹を指す時に使う表現ですが、そこから派生して、食堂のおばさんなどを親しみを込めて呼ぶ時にも使うことができます。

韓国旅行で、食堂へ行った際、“아줌마(アジュンマ)”という表現は、気が引けて使いづらいなあと感じた時は、是非、「イモ~」と言ってみてください^^

↓いつも応援していただき、ありがとうございます!
皆さんからのコメントもお待ちしていまーす!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事