韓国でわかめスープを誕生日に食べる理由は?

スポンサードリンク

先日、誕生日を迎えた小五の次男のために、妻が朝から、わかめスープを作ってくれました。

IMG_3392

ちなみにわかめスープは、韓国語で미역국(ミヨックク)と言います。

韓国ではわかめスープを誕生日に食べることが習慣になっています。

その理由は、簡単に言うと、

「自分を産んでくれたお母さんに感謝するため」

なのだそうです。

なぜ、そういう話になるのかというと、韓国ではわかめスープは、誕生日の時以外に女性の産後でも、食べる習慣があるところに起因しています。

出産直後は、極度に栄養や体力を失っている状態にあります。

そんな時にわかめスープを食べると、カルシウムやヨードなどの栄養を摂取出来て、体力が回復するだけでなく、母乳もよく出るようになって、赤ちゃんの健康にも繋がる効果があるのです。

ちなみに、ワカメは、韓国では昔、貴重な食材だったので、わかめスープは”ご馳走”という意味もあるとのこと。

わかめスープと母の愛情は、深い関係があるので、誕生日のワカメスープは、ある意味、愛情の象徴でもあるワケですね。

スポンサード リンク

わかめスープを巡る争い!?

ところが、その日、我が家では、わかめスープを巡るちょっとした争いがありました。

小二の娘が、この間の自分の誕生日では、わかめスープを作ってくれなかったと文句を言って、最後は泣き出してしまったのです。

妻が、「じゃあ、お兄ちゃんにわかめスープ作るのやめる?」と言うと、今度は次男がいじけてしまって・・・

ただ、だからと言って、子供たちは、わかめスープが好きというワケではないのです。

妻は、普段でも、時々、わかめスープを鍋一杯に作るのですが、子供たちは、最初に少しだけ食べて、あとはまったく食べないので、腐らしてしまうことが多いですし・・・

つまり、子供たちはわかめスープ自体よりは、わかめスープが意味することにこだわっているのだと思います。

本人たちはわかめスープの由来の意味は知らないのですが、なんとなく肌身で感じているんでしょうねえ^^

かく言う私は、韓国と日本では、年齢の数え方が違うため、誕生日の時に子供が何歳なのか考えると、頭がこんがらがることがよくあります。

だから、わかめスープを食べて、頭に栄養を行き届かせなければと、最近、感じているところです(-_-;)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

7 Responses to “韓国でわかめスープを誕生日に食べる理由は?”

  1. maru より:

    こんにちは、はじめまして。
     私は青木と申します(48才 男 家族は妻と小1娘です)
     この記事へのコメントではなく申し訳ないのですが、ふと貴兄のブログに遭遇したもので。
     実は私はウンピョンニュータウンに住んで
    居りまして、日本人の方とは無縁の生活なものですから恩平区の文字に飛びついてしまいました。
     もしご迷惑でなければ一度coffeeでも飲みながらお話しさせていただければと思いまして。
    自分で言うのもなんですが怪しい者ではございませんので ^-^

  2. ケン より:

    maruさん
    コメントありがとうございます!
    いいですね!
    私も、来年以降ぐらいからブログだけでなく、リアルな交流も出来ればいいかなと思っていたところなので。
    また個別に連絡させて頂きますね!
    私も、怪しい者ではございませんので^^

  3. maru より:

    ケンさん
    早速のご返答ありがとうございます。
    今土曜に日本へ帰り1週間ほどで戻ります。
    よろしくお願いします。

  4. maru より:

    ちなみに
    本日娘の誕生日でして、今朝ワカメスープを
    皆で頂きましたよ。
    我が家でも何年もそうしています。

  5. サラン より:

    わたしも恩平区ヨンシンネに住んでいますが、日本人の集いなどがあったらいいなぁ~と思っておりますヽ(´o`;

  6. ケン より:

    maruさん
    コメントありがとうございます。
    娘さんのお誕生日おめでとうございます!
    やっぱり誕生日は、なんだかんだいってワカメスープなんですねえ。
    お会いできるのを楽しみにしています^^

  7. ケン より:

    サランさん
    コメントありがとうございます!
    恩平区では日本人は、ほとんど見かけないですからねえ。
    集いというレベルまで行くのは、まだ先かもしれませんが、少しずつ交流の輪を広げていければいいですね^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ