イルサンになぜかメッチャ多い日本のレストラン

スポンサードリンク

イルサンは日本のレストランが多い

私が住んでいるヨンシンネから地下鉄3号線で東の方へ30分ほど行くと、明洞まで行くことが出来ます。

逆に西の方へ30分ほど行くと、コヤン市のイルサンという街へ行くことが出来ます。

最寄駅は、정발산(チョンバルサン)という駅なのですが、ここは、ちょっとしたニュータウンでお金持ちの人達がいっぱい住んでいるのだとか。

ここのロッテデパートには、妻が日本で愛用していたラッシュ(Lush)や、無印良品のお店があるので、時々、行くのですが、先日、その近辺をいろいろ歩いてみました。

駅の近くにはショッピングセンターがあるのですが、そこで驚いたのは、日本食のレストランの多さです。

IMG_4786

イルサンに来ると、日本食がどこまで、どんな形で浸透しているかが、結構、分かるような気がします^^

まずカレーのcoco壱番屋

IMG_4785

日本のカレーも段々、韓国に浸透しつつあるようです^^

そして韓国に多いのが、居酒屋系の日本食のお店です。

わらわらは時々見かけます。

IMG_4782

また、以前は韓国でラーメン屋は見たことがなかったのですが、最近、少しずつ増えて来ているようです。
(増えて来ているのかな?)

IMG_4797

ここは何故かウルトラマン系

IMG_4799

そして、韓国にある日本食のお店の一番の特徴は、誰か日本人の名前をお店の名前にしているということです。

スポンサード リンク

イルサンでも見かけたお店もなかなか面白かったです。

“ゆたか”

IMG_4783

“いくえ”
(榊原郁恵さんのファンだったのでしょうか)

IMG_4784

“あびこ”

IMG_4789

“辻”

IMG_4800

あとは定番のお寿司屋さんです。

IMG_4801

最後は、コピー系
スシローならぬスシオです^^;

IMG_4781

韓国の人にとっては、お店の名前は、あまり気にならないかもしれませんが、日本人はちゃ~んとチェックしてますからね~(*^o^*)

イルサンの日本人にお勧めの街かも

こういった感じでイルサンは、日本人にとっては結構親しみやすい街かなって思います。

ソウルではないので、少し不便に感じるかもしれませんが、地下鉄3号線が通っているので、意外にアクセスは良いです。

ソウル観光にちょっと飽きた方は、イルサンへ行ってみるのもオススメです。


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “イルサンになぜかメッチャ多い日本のレストラン”

  1. マザー より:

    韓国にある「WARAWARA」は「笑笑」の偽物だと
    聞いたことがあります。
    本物のほうは明洞にあるとのこと(他の場所にもあるのかも知れませんが)
    寿司に関しては「がってん寿司」が進出しているようですね。

  2. ケン より:

    マザーさん
    コメントありがとうございます!
    WARAWARAは偽物だったのですね(T-T)
    がってん寿司をちょっと調べてみましたが、ここは、韓国風ではなくまさに日本の寿司を出していることが分かり是非行ってみたくなりました^^
    貴重な情報ありがとうございます!

  3. リュウ より:

    ケンさんこんにちわ!
    そちらには日本のお店がけっこうあるんですね!それにくらべて仁川は…やっぱソウルですね。
    家の近所にチャムチ専門店がいくつかあるのですが、なんというかシャーベット状態で歯にしみちやって汗
    そういえば東春駅付近にあるホームプラスにカレーのパク森がありましたが、食べられず店舗が変わってました。
    今年もあと3日ですね。
    来年も健康第一でサバイバルを生き抜いていきましょう!
    それでは良いお年を!
    追伸
    先日、深夜食堂と書いた看板の串カツ屋を見つけました。

  4. ケン より:

    リュウさん
    コメントありがとうございます!
    食に関してはリュウさんも冒険されていますね。
    すごいなあと思います^^
    私は本当におそるおそるという感じです・・・
    お互いに健康に気を付けながらこれからもがんばっていけたらいいですね。
    リュウさんも良い年をお過ごしください!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ